永遠の疑問があります。
それは、人が不調になるときのことです。
からだから先に弱るのか、それとも心からなのか。
本当にこれまでたくさんの方に訊いて回りました。
その結果、おおよそ6:4で、心が先に弱るというデータが取れております。

確かにストレスは諸悪の根源。胃に穴を開けるなど朝飯前の破壊力を持っています。
なので心から先にダメになっていくというのは、納得できます。
しかし、もしも体調がばっちりであったなら。
少々心を攻撃してくるようなことがあっても、たやすくブロックできるような気もします。

(ああ、かくして考えは堂々巡りとなるのです^_^;)

また、こうも考えられます。
不調になるその兆し。
これは、心よりからだのほうがつかみやすいのではないかと。
心は、結構いきなりダメになったり、気づいたら弱り切っていた、ということになりがちです。
ですが、からだのほうは、それなりにサインを出してくれるのです。

朝、起きるのがつらい。
なんだか腰がだるい。
甘いものがほしくてどうしようもない。
なぜか咳払いが多い。

割合に、そんな微細な異変は感じとれるものです。

それに対して、果たしてわたしたちはしっかり気づけて、対応できているでしょうか?
「気のせい」にして、スルーしてはいないでしょうか。

多分、忙しさから、自分の不調と向き合う余裕がないときに、目をそらすのだと思います。
しかし、その放置によって、後々重篤な症状になっていったら大変です。
やはり、初期の初期段階で気づいて、対処をしておきたいものです。
おかしいな、と思ったら、すぐに楽になれるような手当をするべし。
そうすれば、まずこじらせることはありません。

そして。
健全であるために、もっと自分のことに関心を寄せてみてはどうでしょうか。

今の調子はどう?
どこか変わったことはない?
今、何がほしい?

そんなふうに、もっと自分に対して詮索して、ストーキングしてみるのです。

他人に対して立ち入るのは、人間関係のゆがみや自己嫌悪につながります。
しかし、自分に対してなら、それは真逆の作用となります。
それはすなわち、自分を大事に扱っていることになりますので。

人様のことに興味を持つのもよいことです。
しかし、もっとも注目するべきは自分自身です。
自分の存在を忘れてしまうほど、よそ様の動向ばかり気にするなんて!
それはあまりにも自分に対する不義理だと思います。

人のうわさ話をする暇があったら、心の中で自分のうわさ話をしてみませんか。
断然面白い展開になります。
「えっ? ○○ちゃん(自分のこと)、そんなことがしたかったの!」
そんなふうな、思わぬ発見もあります(^・^)。

自分のストーカーになれば、体調管理も、心のケアも、早め早めに行なえます。
しつこいまでに目を向けるほど、自分自身としっくり、なかよくなれるのは確実です。
「自分」が「自分自身」を見つめていると、「わたし」という人間はとても安定するのです。
もしかしたら、自分自身というのは、自分からの関心をとても必要としているのかも知れません。

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ