生活の質、人生の質を上げる、美容と健康の記事を書いています。あなただけのためにカスタマイズした、ビューティープラン作成サービスも好評です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • からだのお手入れ法

からだのお手入れ法

何だか疲れ果ててしまったら、母校へ行こう! あの頃の自分に、会いに行ってみませんか?

過日に、何十年かぶりで母校の近くに行ったことがありました。懐かしさで、ちょっと正門の前まで立ち寄ってみたのですが、それは懐かしい思いにかられました。そして、まだ無鉄砲で分別もつかない女の子だった過去の自分に会えた気がして元気も出ました。今の自分に、閉塞感を覚えたり、退屈してしまっているあなた、母校を訪ねてみませんか。

大人の女性にこそ、恋心は必要! 「恋愛的」な感覚を、ヴァーチャルで取り戻そう。

突然ですが、うかがいますけど今、恋をしていらっしゃいますか?そう問われると、大人の女性の場合、もろ手を上げて、イエスと言われる人は結構少ないように思われます。それはすでに配偶者がいたり、仕事が忙しくて余裕がないなど、様々な理由からのようですが、ピュアな「恋心」を消失してしまうと、美容状態もパフォーマンスもダダ下がることは事実です。ヴァーチャルでいいので、元気になれるホルモン「PEA」を出すために、恋心を取り戻してみませんか?

運動の習慣をつけるなら、「気持ちよく」感じるものを行なうのがコツ!

美と健康のために、日々心掛けたいのはバランスのよい食事に十分な睡眠と休息、プラス、適度な運動でしょう。そこでこれから、何か運動をはじめようと考えていらっしゃるあなたに、今日はその選び方についてご提案したいと思います。その方法はとってもシンプル!「やっていて、気持ちがいいもの」これに尽きるのです!

家を愛して、元気になる! 暮らしのベースキャンプこそ、最強のパワースポット。

私事なのですが、今の住処に引っ越して今日でまる3年が経ちました。いやはや、早いものです。ここに来れるまでには紆余曲折もあったのですが、3年過ごしてみて実感しているのは、本当に自分の暮らしのベースキャンプである家というものの居心地や、家に対する思いや、また住むことになった場所に対する感覚は、健やかに、軽やかに生きていけるかどうかを左右する、大事なものだということです。そこで今日は、家といい関係を作る方法をご提案しました。

自信をなくしてしまった日には、自分も動物であることを思い出す。

自分に対して頼りない気持ちが湧いて来たなら、まずはあれこれ考えず、衣食住の見直しだけを行なってみてください。それが一番、効率的で具体的な方法です。また、ヒーラーやカウンセラーのもとに行くのもそれからの話です。衣食住がしっかり整えられていなければ、せっかくのヒーリングもカウンセリングも、その効果は半減してしまいますから。

身も心もスッキリする韓国あかすり! その効果を倍にする方法。

今やもう、スーパー銭湯や温泉などで、気軽に出来るようになった韓国あかすりですが、周期的に行きたくなる人もいらっしゃるのではないでしょうか。何しろ、あのすっきりさっぱりする感じには、多少の悩みごとなど忘れてしまう気がします。今日はそのあかすりの効果を倍にする方法をお伝えします。やってはいけないこともあるので、ぜひチェックを!

家庭内食品ロスもなくなる! 「残りものパック」のすすめ。

昨今、しきりに「食品ロス」という言葉が聞かれます。これはもちろん、家庭の中についてもなくすように心がけたいもの。食べ物の廃棄量を減らせば環境面にもよい影響がありますし、経済的にもメリットがありますから、一石二鳥なわけです。それには「残りものパック」の習慣がおすすめ! 韓国美女も定番にしている美容法なんです。

自分のチャームポイントが100言えないあなたに、おすすめしたい荒療治。

日々、美容活動や、自分磨きに精を出しているあなた。そんな方が一度は取り組んだことがあるのは、自分のチャームポイントを100書き出してみるというあの方法だと思います。ですが、とっても自分に厳しくて自分にダメ出しをしがちな人や、どうしたものか、自分に自信が持てないという人は、10も書けずに終わってしまうことが多いようですね。ならば、思い切って荒療治にトライしてみませんか? あなたのウイークポイントを、ガンガン挙げていってみてください!

憂うつな体重増も肌荒れもプチうつも。「掃除」がすべてを解決する!!

どんなに自分を律しながら生活をしていても、そこは生身の人間です。突然に不調に見舞われることって、大いにあるものです。そんなときに焦って、スペシャルな方法を探す必要などありません。目の前にある部屋をきれいにしてみませんか? それだけで確実に調子を取り戻すきっかけがつかめます!

婦人科系の不調に見舞われたら、「がんばらないモード」で乗り切りましょう!

普段は男性のことがうらやましいなんて全然思うことはありませんが、婦人科系の不調に見舞われたときだけは、あの人たちはいいなあと、思わずつぶやいてしまいます。そんなときに心がけたい過ごし方について、今日はご提案してみました。

1 2 3 43 »
PAGETOP