できるなら、傷つくことなく、ずっと過ごしていたいと思います。
いつもうれしい出来事ばかりを迎えていたい。
そして過去のつらかったこと。
それもひとつ残らずさっぱり忘れて、一点の曇りもない気分でいられたら最高です。

ところが、そうはイカの禁漁区(笑)。
実際は、しょっちゅう些細なことにグサっときます。
また、ふっとしたときに、過去の嫌だったことを突然思いだし、
「あああああ」
そう頭を抱えたりすることも、決して珍しいことではありません。

そんなストレスは、大切なハッピー・ホルモンのセロトニンを減らします。
そしてネガティブな気持ちでいれば、ネガティブなものを引き寄せてしまいます。
とんでもない話です。

なので、当然忘れようと努力します。
大抵は、好きなことを考えて対処します。
それで乗り越えられれば、やれやれといったところです。

ところが力及ばず、さらに傷口が開いてしまう場合もあります。
その、なんとも、いかんともしがたいこの感じ。
勘弁してと言いたくなります。

こうなってしまったら、もうどうしようもありません。
その傷の痛みを、ただだまって受けとめるだけです。
美味しいコーヒーでもいただきながら、やり過ごすことに決めます。

そこでです。
この痛みを感じているときに、ものすごく気をつけたいことがあります。
それは絶対に、この傷を受けてしまった自分を否定しないことです。
「ダメなわたしだから、こんなに傷つくのだ」
そんなふうに考えなくてよいのです。
そもそも、ダメだから傷ついたわけではありません。
それはただの致し方ない、予期せぬアクシデントだったのですから。

そして少し気分が落ち着いてきたら、次のステップへ進みます。
今度は意識を「傷そのもの」から外してみるとよいと思います。
傷そのものから、
「その傷と向かい合っているわたし」
に、気持ちを集中させるのです。

すると、多分心の奥底から、
「すごい!」
という言葉が浮かぶと思います。
そうです、過去に傷つけられたのに、めげずにここまで来れたことはすごい。
今、つけられた傷にしっかり耐えていることもすごいのです。

みるみる自分への信頼感がわいてきて、その強さをほめたくなります(^・^)。

そんな単純なわけにはいかない、と思えたら、それもよしです。
しかし、ことはシンプルに行なって、感じてみたほうが断然楽。
傷に屈せず、今こうしていられる自分に、光が当たり出すからです。

付け加えれば、こんなにつらい傷は、決して人様につけてはならない。
そう思えることも、傷からのギフトです。
傷つけるより、傷つけられるほうがまし。
これは実際、きれいごとではなく、本当に真実だと思うので。

傷も輝くスターライトに変わる。
怖いもの知らずで進むための根拠もまた、いくらでも増えていくのです。

また明日(^_^)/

xxx

 

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ