ローフードのよさは、何をおいても

生の食べ物から、食物酵素や生きた水がとれること。

何も、酵素サプリにお高い費用をかけなくても

フレッシュな生野菜や果物をしっかりとっていれば

十分に酵素は足りるのです。


そのローフードの、もっとも身近なメニューといえば、

これはもうサラダしかないでしょう。

48度未満の温度で調理するローフードのレシピには

未知なるすてきな味と出会えるものがたくさんあるのですが

(加熱せずとも作れるカレーやスープの美味しさと言ったら!)

サラダこそ日常的に手軽に作れて、

しかも飽きずに毎日でも食べられるすばらしいものだと思います。


ローフードを学びはじめて知ったのが、

たっぷりのサラダでお腹を満たすことの快感です。

満たされているのに、軽やかな感じが

たまらなくこころよくて、サラダこそ理想の主食だと、

すっかり惚れこんだものでした(*^。^*)。


そんなありがたいサラダは、

皆さまの食卓にもしょっちゅう登場していることでしょう。


そこで気になるのが、市販のドレッシングのことです。

スーパーに行けば、それこそ何十種類ものドレッシングが

棚にずらーっと並んでおりますが、

あのようなものを使ってサラダを食べるのは、

実にもったいないことだと思います。

せっかくのみずみずしい野菜たちも、

添加物てんこ盛りのドレッシングがかかってしまったら、

その新鮮さも、味までも半減するように

感じられてなりません。

 

「でも、だからと言って、

その都度ドレッシングを作るなんて面倒!」

 

そのお声、ごもっともです。

夕餉の支度に急かされているときなど、

とてもそんな手間をかけてはいられません。

 

そこでご提案したいのが、

実に簡単、かつ豪快な、Bukkake-スタイルなのです!

そう、ボウルいっぱいの野菜たちに、

オリーブオイルやアマニ油といった、

良質のオイルを直接かけ回して、

バルサミコ酢、黒酢など、お好みのお酢をさらにかけ、

塩とこしょうなど振りかけるだけ。

後はざくざくと混ぜ合わせてどうぞ。

 

この、混じりっ気なし、100%ピュアな調味料だけで

味付けたサラダは、シンプルなだけに

野菜の味がとっても引き立って、

いくらでも食べられてしまいます。

 

そして気づくことでしょう。

いかに市販のドレッシングの味が、

ケミカルで不自然なものだったかと。

よく、大根おろしなど、野菜をすりおろしたものが

風味づけに入っているドレッシングがありますが、

あれが開封後1カ月も腐らないなんて、

よくよく考えればおかしなことなのです。

 

また、少々脅かすようで申し訳ないのですが、

このBukkake-スタイルで食べるより、

市販のドレッシングのほうが美味しいと感じたなら、

赤信号です。

おそらく、化学調味料などによって

味覚オンチの状態になっていると考えられます。

でも大丈夫。

こうしてBukkake-スタイルの味になじんでいくうちに

徐々に味覚は正常化されていくので心配は要りません!(^^)!

 

さらに味覚が正常化されることで、

焼き肉のたれや胡麻和えのもと、キムチのもとといった

クッキング・ミックスもまずく感じるようになり、

縁が切れていくので、よいことづくめです。

 

 

Bukkake-スタイルで、

もっとラフにサラダと密な関係を。

ローフードの恩恵を、存分にいただきましょう!

また明日(^_^)/

 

xxx

 

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ