生活の質、人生の質を上げる、美容と健康の記事を書いています。あなただけのためにカスタマイズした、ビューティープラン作成サービスも好評です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • こころのお手入れ法

こころのお手入れ法

うまくいかないときの在り方|自分の人生を疑わなければ、やがてそのうちうまくいく!

人間には周期的に物事がうまくいかなくなる時期が存在するようです。そんなとき、あわてる、焦る、嘆くは全部ダメ! 今起きていることを疑わず、魔法の言葉「これでいいのだ」をとなえてみれば、きっとそのうちどうにかなるものです。

心配しないで信頼する|大切な人へはポジティブなエネルギーを向けるのがマナーです。

家族や友、恋人にはいつでも絶好調でいてほしいと思うものですよね。そこでしてはならないのは、心配すること。心配すれば、心配通りのことが引き寄せられるからです。ネガティブな思いを相手に向けるのはご法度。大変なマナー違反なのです。

それは本当に好きなこと?|誰に認められなくてもやりたいことが、本当に大好きなこと。

「好きなこと」これはどうやら、人生を豊かにするためにもっとも重要なもののようです。ですが、もしも好きである理由の中に、人からの評価を期待している気持ちがあったなら、見直してみるべきではと思います。好きなことは、自分のアイコン。そこに嘘めいたことやごまかしがあってはならないからなのです。

「ブラックな本音」に気づいたら|すべて認めて、OKを出す! それでハートはピュアになります。

いつも心の中は明るく、気持ちのよい環境に整えておきたいものです。ですが、人間そうは都合よくいきません。たまにはブラックな本音も飛び出すでしょう。そんなとき、決してその気持ちを消そうと、浄化しようとする必要はありません。そんな気持ちもまるごと認められて、OKが出せれば、ブラックも透明に、ピュアになります!

「6月病」の対処法|あの頃のテーマソングをもう一度。

6月病をご存じですか?この不調、最近では5月よりも6月に入ってからのほうが多く見舞われる傾向にあるようです。理想や夢に向かってまい進していたのにこのところどうしても調子が出ないという方。ちょっと立ち止まってのんびりしたら、かつてノリにノッていた頃のテーマソングを聴き直してみませんか。絶好調だった頃のテーマソングにはどんなときも自身を励ましてパワーを注いでくれる力があるのです。

「妥協できない人」のすすめ|「~で」ではなく、「~が」で生きる!

カフェでひと休み、というときにあなたはどんなふうに注文しますか?「コーヒーでいいわ」「コーヒーがいいわ」さてどちらでしょう?たった一文字の違いですが、その言霊は人生を大きく変えてしまいます!「~でいい」禁止令を出しましょう。すると、人生から妥協や諦めが消えていきます。

「萎縮社会」の窓|批判に屈しないために、大事にしたい2つのこと。

「萎縮社会」という言葉をご存知ですか?批判を気にするあまりにびくびくしながら通常の生活を送る善良な国民が増えていることから名づけられた言葉だそうです。誰しも批判は怖いものですが。だからといって変に委縮するのもおかしな話。そこで批判に屈しないために大事にしたい2つのことをご提案しました。それは、「マナー」と「重要な人物」です。  

五月病の対策|オルゴールの癒し効果で、「童心に返る」時間を持つ。

ゴールデンウィークが終わったあたりから訪れるといわれる五月病。心の調子はいかがでしょうか? 時期に関わらず、ストレスや緊張はマメにほぐしたいもの。日頃のメンテナンスが大事です。心を楽に癒すには、少し「童心に返る」のがコツ! オルゴールの癒し効果は想像以上です。

やる気がでないとき|一度それを、「あきらめて」みてはどうでしょう?

叶えたいこと、達成したいことがあるのにどうしてもすんなりと着手できず、ぐずぐずとしてしまうことがあると思います。そんなときに試してみていただきたいのは、その夢を思い切ってあきらめること。あきらめた途端にわいてくる気持ちに注目してください。その苦しさがきっと、夢に向かうエネルギーをみなぎらせてくれるはずです!

人の発言が気になる方へ|むやみに傷つかないですむ、たったひとつの方法。

人が傷ついてしまうのは何といっても人様からの、きつい言葉によるところが多いと思います。傷をいつまでも引きずってしまう方、相手の立場をこんなふうに考えてはいかがですか? それは、その相手の方にとって、その言葉を使うことが、そのときできる精一杯のことだったということ。そう受けとると、不思議に動じなくなるものです。

« 1 20 21 22 32 »
PAGETOP