生活の質、人生の質を上げる、美容と健康の記事を書いています。あなただけのためにカスタマイズした、ビューティープラン作成サービスも好評です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • こころのお手入れ法

こころのお手入れ法

常識を疑うことからはじめたい! 新年が明ける前に考えておきたいシンプルなこと。

新しい年を迎えるということはまた1年、自分の命の持ち時間が減ったということでもあります。誰しも命というのは有限なもの。新年は、お屠蘇気分で浮かれて過ごすのももちろんありですが、その心の片隅にでも、持ち時間が確実に短縮されたことを留めておいて損はないと思います。

変化を恐れる心理とは?|その矛盾、ショック療法で解決しよう!

今の状況を脱して、こんなふうになりたい! その願いは100%、今よりよくなることなのに、何故かそんな願いが芽生えたとたん、及び腰になってしまうことがあります。まだ何もしていないのに、今の状況が変わることに対して、怖くなってしまうのです。

恋をしてきれいになるために、気をつけたい2つのチェックポイント。

恋をするときれいになる。これを美容法と考えるならばまさにテッパン! 恋に勝る美容術なし、とも言いきれてしまいそうです。

心とからだはつながっている! 落ち込みを感じたら、すぐにやりたいたったひとつのこと。

落ち込みからは、一刻も早く抜け出したいものです。いつまでもさっぱりしない痛みすら感じる心を延々と抱えていては、そのうちに、お腹まで痛くなってしまいそうな気がします。

落ち込みから、気持ちを切り替えるには? 今すぐできる3つの方法。

日々を暮らしていくなかで、かなり大事だと思われるのは「気分」の問題です。いい気分で過ごす時間の長さで、その日のしあわせ度数の高さは決まります。ですから、落ち込んでしまったら、嫌な気分は長引かせずに、上手に逃がす習慣をつけたいものです。

不安を和らげる方法、それは「今」だけにフォーカスすること!

不安な気持ちにおそわれること。誰にもあると思います。この、一度とりつかれたら最後、延々と心のなかに居座る感情。できれば無縁でいたいものです。

穏やかな心を持つには ・ 感情の「律義さ」を抜いてみればいい! 

心にとって嫌なのは、とっても苦しい感情。そしてよいのは、うれしい感情。そう思うものですが、実は意外にそうでもなくて、うれしい! 楽しい!! しあわせ!!そんな感じで高まっているとき、心にはまた別種のストレスがかかるものなのです。心にとってもっとも快適なのは、感情が乱れず、フラットで穏やかな状態。確かに、こんな状態だと、とてもリラックスできます。

「ばびろんまつこ」の正体に学ぶ。見栄を張らないほどに、人は楽に、豊かになれる。

過日に報道された「ばびろんまつこ」の逮捕劇。彼女は偽のブランド品をオークションサイトで売りさばいた疑いでお縄となってしまったのですが、この事件で痛感したのは、見栄を張ることの空しさと恐ろしさでした。

反省の意味、後悔の意味。「自分いじめ」に陥らないために。

生きづらくさせているもの。それは何といっても「反省」と「後悔」。これが2大ウイルスだと思います。「反省」は、一見ポジティブで建設的な要素もふくんではいます。ところが、どうしても反省モードに入りますと「あのとき、どうしてもっと最善が尽くせなかったのか」などと、自分を責めてしまうのがよろしくないのです。

肌触りのよいタオル、シーツの快適さ! 肌触りのよい生地が、毎日を変える!!

タオル、シーツ、下着、パジャマ、ハンカチなど、肌に直接触れるものは、何はなくとも「肌触り」のよさを先して選びたいものです。それは気持ちのよい生地が肌に触れるたびに、「小さな癒し」が繰り返されるので日に何度も何度も、ささやかではあっても、心のダメージケアができるからです。

« 1 18 19 20 27 »
PAGETOP