生活の質、人生の質を上げる、美容と健康の記事を書いています。あなただけのためにカスタマイズした、ビューティープラン作成サービスも好評です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • こころのお手入れ法

こころのお手入れ法

沈黙は金|静けさの中に身を置くことも、心とからだのケアになります。

基本的には、人は人とは関わり合い、会話を楽しみ、そこから美味しいごはんを分かち合うなどといったコミュニケーションは大事なものだと思います。しかし過剰な社交はいかがなものでしょう。それよりもパワーになるのは、ひとり静かに口をつぐんで、言わない、会わない中で過ごすこと。その沈黙は、心強さというギフトを与えてくれます。

ネガティブな時の苦しさ|からだサイドから楽にしていこう!

何も悪いことなどしていないのに、理不尽なことをされるなどして、心が痛むときがあります。するとどうしてもメンタル面にばかり意識がいくものですが、そんなときこそからだに起こっている異変に敏感になって、ケアをしてあげることです。心臓やのどのあたり、肺などは苦しくないでしょうか。深い呼吸とマッサージで、すぐに癒してあげてください。

被害者意識の克服のために|自己中心主義で行こう!

あんなことをされてしまった。ひどい気持ちにされられた。こんなふうな「被害者」的な気持ちは、どうにも重たく、気を沈ませるものです。そんな被害者意識を癖にしては、美容上もメンタル上もよろしくありません。「自分中心主義」になることで、被害者意識を克服しませんか?

うっとりすること|心の解毒に最適なメソッド。

ネガティブな感情は、放っておくとさらにネガティブを呼びます。ですから嫌な気分になったら、すぐにポジティブな気分で消していかないと、とんでもないことになってしまいます。 その、消しゴム効果としてのポジティブですが、あらゆるポジティブな感情の中でも、「うっとりする」ことにはとっても強力な自浄作用があります。自分にとっての「うっとりできる」ものを、たくさんコレクションしておきたいものです。

うつっぽいときの対処法|食事の内容を見直してみませんか?

うつっぽくなってしまうと、人は誰しも自分の弱さを責めたり、なぜこうなってしまったのかと、その原因をこれでもかと突き止めようとするものです。でも、実はそれはあまり意味のあることではありません。それよりも目を向けたいのは、今の自分の栄養状態。必要な栄養が不足したために、脳も心もバテてしまっている場合が、多々あるのです。

風呂・飯・寝る!|心が折れたときこそ、大事にしたい3つのこと

何の予告も前触れもなく、心がぽっきりと音を立てて折れてしまったら、すぐにテコ入れをしたいのは、日常の3大行事である「風呂・飯・寝る」です。実はこれはとっても健全な暮らしのために重要なこと。これさえしっかり、ていねいに行なっていたならば、基本的な体力は落ちませんし、心を回復させるための自然治癒力も活性化するからです。

アルファ波と音楽|仕事の能率も、肌の調子もダブルで上がる!

仕事も勉強も、ものを言うのは集中力!能率を左右するこの力を最大限に発揮させるために必要なのは、アルファ波を出すことなのだそうです。そのもっとも手軽で確実な方法は、アルファ波の出る音楽を聴くこと。聴覚経由で脳をこころよくさせてあげることなのです。

瞑想をする意味|自分でできる最高のメンタルケアをどうぞ

常に何かしらを考え続けている、過重な活動をしている私たちの脳と心のケア方法として、瞑想がとってもすすめられています。一度でも「瞑想会」などに参加されたことのある方なら、きっとその効果の確かさに驚かれたことでしょう。

常識を疑うことからはじめたい! 新年が明ける前に考えておきたいシンプルなこと。

新しい年を迎えるということはまた1年、自分の命の持ち時間が減ったということでもあります。誰しも命というのは有限なもの。新年は、お屠蘇気分で浮かれて過ごすのももちろんありですが、その心の片隅にでも、持ち時間が確実に短縮されたことを留めておいて損はないと思います。

変化を恐れる心理とは?|その矛盾、ショック療法で解決しよう!

今の状況を脱して、こんなふうになりたい! その願いは100%、今よりよくなることなのに、何故かそんな願いが芽生えたとたん、及び腰になってしまうことがあります。まだ何もしていないのに、今の状況が変わることに対して、怖くなってしまうのです。

« 1 14 15 16 24 »
PAGETOP