日本の豊かさを感じるのは、

ひとたび電車に乗ったり、建物の中に入れば、

ほとんど適温が保たれていて、居心地がよいことです。

 

暑過ぎる、寒過ぎるというのは本当につらいもの。

人は適温の中で過ごしてこそ、

健やかに、安定していられるのだと思います。

 

そこでちょっと確認してみたいのが、

 

「自分自身の発している温度」

です。

 

これは、メンタルが放っている寒暖の度合いなのですが、

まっ赤に燃えるようにたぎっていたり、

凍てつくように冷えきっているなど

ほどよい適温からかけ離れていると、

まず人との関係がぎくしゃくしてしまいます。

 

人は例外なく、

ほんのりとあたたかみのある温度を感じる人に

安心感を覚えますし

そんな人のそばにいたいと思うものだからです。

 

この、自分の発する温度というのは、

ほぼ

1 表情

2 声のトーン

3 話し言葉

 

この3つで伝わっていくようです。

 

眉をひそめて、吐き捨てるようにきつい言葉を述べれば

大変に冷ややかな印象となり、

瞳をギラギラと光らせて頬を紅潮させて熱弁をふるえば

暑苦しささえ与えてしまいます。

 

また、こわいのはそれだけでなく、

自分自身にもダメージを与えることです。

ずっと心を冷やしたまま、熱くしたままでいれば

メンタルはもちろん、からだにも悪影響がおよびます。

血流や心拍数といったものまで乱れはじめ、

体力も精神力もガタ落ちとなるのです。

 

もちろん、時として、

情熱のまっ赤な薔薇を胸に咲かせて

突っ走ることで大成功となることもあります。

しかしこれも実は、相当自分に対して

負担をかける行為のように感じます。

 

やはり、ちょうどよい

いい感じのあたたかさを保ちながら過ごすほうが

持久力も、集中力も上がり、よい結果になるようです。

 

何よりよいのは、適温の心でいると

自分にまったく無理を強いずにすむことです(^・^)。

 

なので、時折、基礎体温をはかるように、

自分の発している温度をチェックしてみるとよいと思います。

そして、冷え込んでいたなら、あたたかさを足してあげたり

熱っぽいようなら、ちょっと冷やしてあげます。

 

あたたかみのある言葉を選んで話してみたり

深い呼吸で、心に風を通して熱を逃がすなど、

上手に温度調整を心がければ、

何事も楽に、こころよく行なえて、

ぐっと「生きやすく」なると実感しています。

 

こんなふうな

さわやかで、ほのあたたかい温度で生きたいものです!

 

 

また明日(^_^)/

 

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ