それにしても、夢や願望というものは不思議だと思います。
この世には、星の数ほどすてきなものがあります。
そんな中、自分はどうしてそれを望んだのかと思うと、少々狐につままれた気さえします。

しかし、だからこそ、ご縁というものも感じます。
自分に近しいものだから、心の中に来てくれたのです。
何故なら、一度だって総理大臣やスーパーモデルになりたいと思ったことなどないので(笑)。
自分からかけ離れたものは、人は望まないように出来ている。
それは事実ではないでしょうか。

なので、夢も願望も、かなうことを大前提に考えていいと思います。

そこで気をつけていることがあります。
夢に対して健全な気持ちを向けているかどうか。
夢を本心のままに描けているかどうか。
このふたつです。

これまでわたしは、夢に対して、結構「妥協」をしてしまうことがありました。

本当はこうなりたいのに、やっぱり無理そうだから、この程度に抑えておこう。
確実にかなえられそうなのはこの案だから、これでよしとしておこう。
そんなふうに。

そんな「妥協」が入ってしまうと、結果は最悪です。
まず、かなったとしても、大してうれしくないのです。
これは、夢のはじまりに、「あきらめ」や「適当」という、グレーな空気を漂わせたことが原因なのです。

もちろん、叶わないで終わってしまうことも多いです。
それは、妥協した時点で、本気のパワーが入らなくなるから。
夢を思うときに、心がキラキラ輝かなければ、かなうものもかなわない。
夢は心の光で照らしてあげないと、しぼんでいく一方なのです。

せっかくご縁あって、やってきてくれた夢です。
妥協などせず、正直に思い浮かべてみることです。
一切の妥協のない夢は、ものすごくまぶしいです。

そんな妥協ゼロの夢を確認出来ると、すごい現象が起こります!

嬉しすぎるその未来と、今、ここでジタバタしている現在との間に、つながりが出来るのです。
今、仮に納得いっていないことや、不本意なことがあったとしてもです。

たぶん、「本気で思う」ことが、未来と現在の間のレールを作ってくれるのではないかと思います。

そこで、浮かんでくる答えは実にシンプルです。
「今、ここ」でやっていることに、全力を注ぐだけでよい。
それが一見、夢とは無関係そうなことであったとしてもかまわない。
目の前のものにひとつひとつ全力で向き合っていれば、あとは勝手に答えが出て来ます。

日々を楽しく、ほがらかにしてくれる夢。
これに対しては、何があっても捏造せず、妥協せずの精神でまいりたい。
それが夢への、一番の礼儀作法なのだから。
今日はそんなことを考えました。

また明日(*^。^*)。

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ