突然にふりかかる災難。

決定的にうちのめされてしまう出来事。

そこには言い尽くせない悲しみ、痛み、苦しみがあります。

 

複雑に入り組んでしまった世の中と、人間関係のなかで生きるわたしたちです。

いつでも致命的な傷を負ってしまう可能性があるように思います。

悲しいことですが。

 

そして不幸にして傷を負った後、人はふた手に分かれます。

いつまでも傷をひきずり、痛みを手放すことなく生きていく人。

そして傷に真っ向から立ち向かい、全力で回復に努める人。
前者を責めるつもりは少しもありません。

何故なら、人の心には、体力ならぬ心力、があるのです。

その力の強さによって、傷への対処の仕方も変わってくるからです。
しかし、ここで心の力を振り絞り、立ち直ろうとする人は美しい。

それは何よりも自分を愛おしみ、尊重している姿のように思います。
深く傷ついた心のなかを見つめて、それを受け入れ、消化し、浄化する。
大変なエネルギーのいる作業です。

本当なら逃げたいです。

場合によってはただ泣き暮らすほうが楽だったりもするでしょう。

 

しかし、ここで勇気を出して正気に戻ってみるとよいと思います。

大切な自分がいつまでも心から笑えないなんて。

この悲しみから抜け出せないなんて。

あまりにも理不尽過ぎることに気がつくのではないでしょうか。

 

気づいた途端、ちょっと自分に腹が立ったりしたらすてきです!
「めそめそしてばかりで、いつまでそんなに大切な自分をないがしろにするの?!」

なんて(*^。^*)
要は、転んでもただで起きなければいいのです。

何かをつかんで立ち上がれば、転んだことも決して無駄にはなりません。

 

どんな手ひどいアクシデントにも、必ず自分にとって必要なメッセージが隠れているのは本当。

ですから、ひとしきり泣いたら、急いでそのメッセージを探しに行くのです。

悲しみ、痛みを経由しなければ心底理解が出来ないほどの、複雑かつ重要な、将来からのその伝言。

心して、受け取ってみようと思います。

自分のステージを上げる、絶好のチャンスなのですから。

 

自分に起こったことなら、アクシデントさえも愛せる。
そう言い切れるプライドがほしいと思います。

そのプライドは、一生凛とした美しさを約束してくれそうです。

決して傷を傷のままで終わらせない心意気。

それは醜さなど絶対に寄せつけないのではないでしょうか。
ダメージを自分の意志と知恵で跡形もなく消せる人になりたいです。

これまで積み重ねてきた美しさに、さらにしっかりした芯が通りそうな気がするので。

 

また明日(^_^)/

 

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ