好きなものだけに囲まれていればハッピー。
ところが実際は、気の合わない同僚に、納得いかない仕事。
家に帰っても、イケてないインテリアで、美味しい料理も作れない。
気晴らし出来るお店も知らないし、彼に至っては……

何故だかこんなふうに、文句の多い方がいます。
それはとても、自分を苦しめる行為です。
ネガティブな発想をするだけでも、心はゆがみます。
それを言葉にして発するとなれば、ゆがみはもっとひどくなります。

こんな方は、往々にして好きなものより嫌いなものに焦点が合いやすいのです。
嫌いなもののほうに、より敏感に反応してしまう傾向があるのです。

でも大丈夫!
嫌いなものを忘れてしまうほど、好きなものに重点を置いて暮らせばよいのです。
心の声をよく聞いて、小さなことから自分好みの暮らしにシフトしていくこと。
これが、気持ちよく生きるための王道テクニックだと思います。

注意したいのは、流行りや、ステイタスという動きを完全に無視することです。
流行っているから何とも思わないアーティストのCDを買う。
ホントは可愛くないと思っているのに、みんなが持っているから定番モノのバッグを買ってしまう。
これは愚の骨頂ではないでしょうか。
好きでもないものを持ってもうれしくないですよね。
右へならえをすれば、安心感は得られるかも知れません。
しかし、そんな付け焼刃のような安心感は、どこか居心地が悪くないでしょうか。

そういった行動が、自分の本当に好きなものを見逃してしまうように思います。
本当に好きなものを見たり、聞いたり、手にしたり、食べたりするときの気分は最高です。
「自分らしい」ものに接した安心感と、心の底からわくうれしさ。
気持ちがパッと明るくなります。
すると、笑顔の数も増え、発想自体が自然とポジティブに!
好きなものに照準を合わせるよろこびがわかってしまえばオールOKです。
あとは好循環で、どんどん好きなもの主体の毎日に変わっていくことでしょう。

大好きな対象、100挙げてみませんか?
好きなものが多ければ多いほど、人は楽しく、強く生きていかれます。
好きな人、本、音楽、香り、食べ物、場所、映画、色、言葉、スポーツ、動物。
何でも即答出来るほど、自分の好みを知り抜いておくことをおすすめします。
不思議と接する機会が増えるものです。

好きなものは、ストレスを和らげ、やさしい気持ちにさせてくれます。
好きの度合いによっては生きがい、心の支えにもなります。
そんな切り札を持っていれば、多少うれしくない思いをしたとしても、それがどうした(笑)。
すぐに心の曇りを手放せて生きていけます。
これはすごく心強いこと!

好きなものにこだわって、自分の心をよろこばせながら、しあわせを積み重ねていきたいものです。
好きなものに触れてリラックスし、心を大切にていねいに扱っていくのです。
そうできたなら、不平不満も感じにくくなっていきます。
さらに穏やかな微笑みが、美しさにも輪をかけてくれること間違いなしです。

余談ですが、わたしもむかっ腹が立つこと、「やってられなく」なってしまうとき。
小市慢太郎さんのことを思い浮かべてビールを飲めば、すぐに機嫌がよくなります(笑)。
(単純、単細胞のクチではありますが ^_^;)
それほど好きなもののパワーはすごいのです。

images0HA1974H.jpg

imagesJQWC1MM8.jpg

↑ すごーく好き(*^。^*)!

また明日(^_^)/

xxx

 

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ