健全であるために、わたしが気をつけていることのひとつに、
「罪悪感を持たない」
ということがあります。

とても真面目な人に多いと思うこと。
何か楽しいことをしているときに、
「こんなに楽しんでしまってよいのだろうか」
そんなふうに自分を責めてしまうケースがあるのです。

何故でしょう?
全然かまわないし、むしろ当然のことだと思います。

きっと、そうした感情が生まれる裏側には
「我慢すること、辛抱することが美徳」
というポリシーがひそんでいるような気がします。
それは、置かれた環境のなかで備わったものかも知れません。
あるいは誰かの影響によって植えつけられたもの。
決して自分から、好きこのんで選び取った考え方ではないと思うのです。

わたしにも、そのような考え方をしていた時代がありました。
でも、それって、自分自身をないがしろにしていることなのですよね。
楽しいこと、うれしいことを味わうために人間は生きているのです。
そう、もっと大胆に言い切ってよいのではないでしょうか。

何事にも、しあわせなイメージを感じながら暮らす。
それが何より大事なことを忘れない。
そう決断して以来、わたしの毎日は楽になりました。
ネガティブな気持ちに落ち込むことがなくなったように思います。

今、自分がしたいこと。
せずにはいられないこと。
その気持ちが生まれたことに、まずブラボーと言うのです。
他の誰でもない、自分自身が感じていることなのですから。

よく晴れた日曜日、朝からパジャマのままでだらだらしていたって。
チョコレートを食べ過ぎてしまったって。
それが心からしたいことならば、存分に楽しんでよいのです。

こころよい感覚に対して、遠慮など無用です。
もっと貪欲になって、罪悪感という無意味なものから離れていきたいものです。

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ