直感こそ、よりよい道へのガイドだと思います。
その物事に対して、反射的に感じること。
これが一番正しい答えなのは、疑いようのない事実なのです。

あれこれ判断材料を並べ立てて比較検討するほどに、正しい答えはぼやけてしまいます。

そのことを実感して、もう何年にもなります。
なので、食べるもの、聴くもの、読むもの、着るもの。
身の回りのことについては、すっかり「考えて決める」ということをしなくなりました。
その結果は大正解!
今の自分とぴったり合っている感じがとても快適なのです。
暮らし心地、生き心地がとてもよくなりました。

どこからともなくやってくる、直感という答えは無敵。
それを知って以来、この万能なセンサーと二人三脚の日々を送っています。

ところが、です。
これほど信頼している直感なのに、時々は素直に従えないときもあったりするのです。
それは、直感がきた後に、すぐ続いて「損得勘定」が浮かんできたときです。

過日に、こんなことがありました。
ある頼みごとをされたときのことです。
残念なことにそれは、あまりにも人をないがしろにしている頼みでした。
なので直感は、すぐさまNo! だったのです。

ただ、これには少々大人の事情があったので、
「こんな条件じゃ、引き受けるのは嫌。
しかし、やはりここでやっておいたほうが、後々いい結果になるかも知れない。
後々のことを考えれば、我慢してOKを出したほうがいいのかな」

そんな考えがめぐりはじめてしまいました。

自分でも、感覚が鈍りまくっているのがよくわかりました。
そして考えるほどに不安になっていくのです。
損得勘定はウイルスだ!
そうつくづく実感しました。

損得勘定はまさに直感をブロックするものなのです^_^;。

そこで思い切ってNoと申し上げましたところ。
すごい展開になりました。
気持ちがふわーっと安らいでいったのです。
自分に嘘をつかないことのすがすがしさ。
感動してしまったほどでした。

そしてさらに驚いたのが、「後々あるかも知れないメリット」への気持ちでした。
そんなもの別に必要ではなかったのです。
手放しても、少しも惜しくなかったのにはびっくりしました。

直感は何でも知っているのですね。
判断を誤らなかったお祝いに、大好きなものをいただきました(^・^)。

imagesKW1A5MO2.jpg

思うに、嫌だと思うことであっても、誰かのためになるのなら。
好きな人がよろこぶことなら、直感がやりなさいと後押ししてくれるのです。
そしてそれは、後できちんと心が満たされる結果になります。

ちなみにわたしの直感に対しての判断ですが、

・すごくよい よい 普通 ← 可決
・そうでもない よくない ← 否決

こんな感じで決めています。

自分の中に、きちんと自分を進ませてくれるものが備わっていること。
本当に心強いものです。
このすばらしいものに感謝して、今日も元気に歩いていきます。

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ