キールタンをご存知ですか?
インドの神々やグルの名前などを、

きれいでキャッチーなメロディーにのせて

繰り返しながら歌う、「インド版讃美歌」といったものです。

 

その神々の名前の響きには、

とても「気」を浄化する力があるようで、

深い呼吸をしながら、楽に、気持ちいいと思える発声で歌い続けると、

本当に心の中が澄んでくるのです。

 

清らかな気持ちになれるのがたまらなくて、

一時期、キールタンのワークショップにもよく出かけていました。

 

キールタンは、この、ハーモニュームという楽器の伴奏に合わせて歌います。

オルガンとアコーディオンのハーフのような楽器です。

DSC_0355

 

 

 

 

 

 

 

 

自宅でもよくキールタンのCDを聴いているのですが、

この音楽を知って以来、名前の持つ力というものを

とても感じるようになりました。

 

神様だけでなく、自分にとって近しい方の名前からも、

その方の持つ、その方ならではのエネルギーがあるなと

思うのです。

 

そこで、より大切な方と仲良くなりたいとき。

よいコミュニケーションをしたいとき。

あるいは、すてきな相手の方から、色々吸収したい場合。

その方の名前に、うんと意識を向けるとよいと思います。

 

心を込めて、その方の名前を呼ぶのもおすすめです。

何と言うか、その方の名前が接着剤のような役目を果たしてくれて、

ぐっと距離が近くなるように感じます。

 

そして、この場合の名前というのは、

苗字でないほうの名前です。

苗字からはさほど、その方の個性が伝わってこないのですが、

ファーストネームからは、とてもその方のムードが感じられます。

 

ひとつ興味深いのは、ママ友と言われる関係の中で、

「○○ちゃんママ」などという呼称が使われることです。

なぜ、のり子さんとか、みほさんといったふうに呼び合わないのか。

これは、とかくややこしくなると言われるママ友の仲ゆえ、

親しくなり過ぎず、ワンクッション置いた大人の関係性を

保つためなのでしょうか。

(ごめんなさい、もしかしたら他に重要な理由があるのかも

知れません)

 

話がそれましたが、確かに大切な人の名前には、

力があると思います。

うれしいとき。

ほんのりとハッピーなとき。

何だか淋しくなってしまったとき。

弱気になったとき。

ふっと思い浮かんだ友の名前を心でとなえてみると、

不思議なくらい心が平安に、こころよくなります。

 

大切な人、好きな人の名前をとなえることも、

立派なキールタンなのかもと、つくづく思うこの頃です。

 

また明日(^_^)/

 

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ