数年前まで、わたしは自分のことが好きではありませんでした。
自分を全肯定するなんて、とてもじゃないが無理だと。
ところが今では、自分を一番の親友と思っているユウコです(^・^)。

自分のことが好きになれない方。
きっと自分で在り続けることに違和感があることでしょう。
これを少しでも楽にしていくには、食べ方を変えていくこと。
これが案外、確実な早道だと思います。

ご存知の通り、人間のからだは食べ物から出来ています。
では心はどうかと言えば、これも実は、食べ物による部分がとても多いのです。

たとえば朝食です。

ファミレスで無造作に出された、コーヒーに作り置きのオムレツ。
それにカサカサと水分が抜けてしまったトーストにジャム。
そんなメニューを機械的に食べるとします。

一方で、自分のためにと、手をかけて作ったお味噌汁にお新香。
それに炊き立てのふんわり美味しいごはんを味わって食べるとしたらどうでしょう。

どちらが幸福感を味わえるでしょうか?
どちらを食べれば、すてきな1日がはじまりそうに思うでしょうか。
食べ物は、栄養素をとるだけのものではないのです。
そこに、ハートがこもっていなければ、健全な心をサポートすることはできません。

さらに心が健全でなければ、セルフイメージも下がります。
自分を大切に扱うことも出来なくなってしまいます。

これからは、からだのことばかりを考えないこと。
心も満たすように食べていけたなら、メンタル面も必ず変わって来ます。

それでは最初に、ウォーミングアップ的なメソッドをご紹介します。
これが食生活を変えるベースとなるので、新習慣となったらよいと思います。

1 可能な限り、毎回「美味しい」と思えるものを食べる
本当に美味しいものを食べないと、心には「欲求不満」がたまります。
これが爆発すると大変!
ケーキバイキングでとんでもない量を食べてしまうなど、最悪の結果につながります。

2 食後、「美味しかった」と口に出して言う
美味しくごはんをいただいたら、ごちそうさまの後に言うのです。
「ああ、美味しかった、しあわせ!」
こう言うことで、脳へ強い満足感が届きます。

3 食事は、満足するまでいただく
脳にとって欠乏感を与えることは非常によくないのです。
食事の量を減らし過ぎて、常に空腹感と戦っているのは、自分への虐待です。
気持ちよく、毎食お腹を満たしましょう。食べ物の質を変えれば太ることはありません。

なぜかこのメソッドは、ダイエットにもつながるのです。
きっと、自分を大切にするようになったからです。
からだもうれしくなって、スネて余計な脂肪をためなくなるのだと思います。

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ