しあわせになるためには、何と言っても

物事はポジティブにとらえるべし。

すっかり定説となった考え方です。

あなたも、「やっぱりダメかも…」と思った次の瞬間、

「ウソウソ! やっぱりうまくいく!」

そんなふうに、ネガティブ・シンキングの侵入を

防いだりしているでしょうか(^o^)。

ポジティブな姿勢は、美人になるためにも大いに有効です。

同じメイクをするならば、きれいになると信じて行なう。

すると、断然仕上がりが違ってきます。

なので、今やポジティブ・モードで生きようとしている方が

ほとんどだと思います。

ところが、その心意気とは裏腹に、

結構見かけるのがネガティブな表情です。

不機嫌だったり、疲れていたり、苛立っていたり。

そんな心模様を、隠すことなく顔に出してしまう習慣があるとしたら、

大変危険だと思います。

なぜならば、次第に顔つきそのものが、

ネガティブな雰囲気に変わってしまうからです。

表情筋に記憶装置があるのかどうかはわかりませんが、

確かに顔つきというのは、

いつも見せる表情通りに作られていくようです。

そのため、よく笑う方や、笑顔の絶えない方は、

無表情でいても、常に顔から明るいオーラが出ているのです。

ものは試しで、今日1日、

自分の表情を意識して過ごしてみるてはいかがでしょう。

あっ、今よくない表情をしちゃった、と気づいたら、

すぐに微笑んでみるのです。

それでネガティブムードはリセットできます。

また、嫌なことがあると、

すぐに顔をゆがめる癖があるなら、

改善したほうがよいと思います。

美しさが逃げるばかりか、なんと不幸なことを

次々と引き寄せる体質になってしまうようです。

わたしも身に覚えがあるので、全力で気をつけております^_^;

嫌な気持ちになったら、ちょっと自分の表情に気をつける。

これはぜひ習慣にしたいものです。

ちなみに、過日に、久々に友に会ったのですが、

その美人の友は、何か話すときには、

いつもテレビカメラを向けられていることを

意識していると言っていました。

なるほど、その効果はとてもあるようで、

彼女の表情はいつもにこやかでありながら、

ほどよい緊張感もあり、

いつでも「見られてOK!」なスタンバイが整っているのです。

この心がけは、わたしたちもぜひとり入れたいもの。

テレビカメラが向いているのがイメージしにくければ、

大好きな人の目、と置き換えてもよいと思います。

ならば、絶対に嫌な表情など、お見せするわけにはいかない。

そんな意識も高まることでしょう。

ポジティブな気持ちはどんどん顔に出し、

ネガティブな気持ちは極力出さない。

これこそ美人の心得その1だと思います(^・^)。

 

表情ひとつで気分も変わります。

明るいほうへ、輝くほうへ向かっていきたいものです。

imagesD9QXBM1Y

 

 

 

 

 

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ