さつまいもの美味しい季節です。

ちょっと太りそうなイメージがありますが

実は100g、わずか130kcal程度で

お米よりも低カロリー。

食物繊維もビタミンCもたくさんとれて

毎日でも食べたい、優秀な食材なのです。

■パンや焼き菓子のかわりに!

パンやホットケーキのかわりに、

ほくほくにしたさつまいもに、

ちょっとパターとメイプルシロップを

のせていただけば、

腸活にも肌活にも、

さらには風邪予防にも効果バツグンです。

 

また、ついクッキーなどの焼き菓子を

食べ過ぎてしまうという方には

揚げずにカリカリの食感が楽しめる

芋けんぴがとってもおすすめ。

焼き菓子のかわりとしても、

お酒の肴のフィンガー・フードとしても

手軽にできる人気のレシピをご紹介します。

 

カリカリ芋けんぴのレシピ

材料

さつまいも 中1本

オリーブオイル 大さじ1

甜菜糖 大さじ1

 

作り方

1 オーブンを200度に予熱してスタンバイ。

2 さつまいもは皮をむき、5ミリの輪切りにしたら

さらに5ミリ幅に細切りにする。

3 オリーブオイルと甜菜糖を混ぜて2によくからませる。

4 オーブンシートを敷いた天板に3を広げ、

200度で10~15分程度、かりっとするまで焼く。

(機種によって時間が異なるので

途中で様子をみてください)

■デトックススープとしても!

ごちそう続きで、胃腸が重いとき、

またはお腹が詰まってしまって苦しいとき。

さつまいものデトックススープだけで

1日を過ごしてみませんか。

スープとはいえ、かなりこれだけで

満腹感がありますし、

内臓を休めるにはもってこいです。

 

さつまいものデトックススープのレシピ

材料

さつまいも 中2本

絹ごし豆腐 300g

昆布だし 3カップ

塩、黒こしょう、白ごま適宜

 

作り方

1 さつまいもはほくほくにふかし、

(ここでひと口、つまみ食いをしてもOK  笑)

水気を切った絹ごし豆腐と昆布だしとともに

ミキサーにかける。

2 1を鍋に戻して温め、

塩、こしょうで味をととのえれば出来上がり。

白ごまをトッピングしてどうぞ。

■うつっぽく、ネガティブなときのパワーフードにも!

うつっぽく、心の元気が足りなくなったときにも

さつまいもは力を貸してくれます。

うつ傾向は、セロトニンという

脳内物質が不足すると起こるのですが

そのセロトニンを作るのが、

トリプトファンとビタミンB6と糖質。

さつまいもはそのどれもを含んでいる

とても理想の食べ物なのです。

 

また、何故かさつまいもを食べるときに

暗い気持ちにはならないものです。

何となく、元気で明るい気分になるのは

土の中の養分や水分をぐんぐん吸い取って

育ったさつまいものパワーを

いただいているからなのかなと思います。

 

ちょっとスマートさには欠けるとしても

心とからだの癒し効果は

トップクラスのさつまいも。

もっと近しくつきあっていきたいですね。

 

また明日(^。^)

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ