DL00001[1]

空腹を感じると

「店を探そう」と歩き出すのは

あの井之頭五郎さんですが

きっとあなたも何を食べようかと

思いをめぐらせることでしょう。

それはとても心浮き立つことですね。

もしも痩せたいと思っていたとしたなら。空腹は苦しみではなく、大チャンスなのです!

しかし、今このときに

「痩せたい」という願いを持っているならば

この空腹はたまらなく嫌なものです。

なのでサノレックスといった

肥満体の方に処方される食欲抑制剤を

どうにかして手に入れられないかと

奔走する方もいます。

 

その気持ちもわからなくはないのですが

ただ細身の服を

きれいに着こなしたいというだけの理由で

お薬に手を出してはなりません。

それはからだに対する不義理です。

 

それよりも実は

空腹時というのは、とっても効率的に

脂肪を燃焼できる

ボーナスチャンス到来! のときなのです。

ですから、何か食べたいな、と思うのは

決して痩せたい身にとって

つらく切ない事態ではないのです。

お腹が空いたら、何でもいいからからだを動かそう! すると、空腹が快感になる!

もちろん、ただじっとして

空腹に耐えよと言うわけではありません。

それではただの我慢大会です。

そうではなく、お腹が空いたと思ったら

ぜひ行なっていただきたいのが

「からだを動かす」ことなのです。

 

空腹時の運動は、とってもからだを

軽くするのによいのです。

それは人間のからだというのは

空腹のときに動かせば

予備にと貯めておいた体脂肪を

エネルギーとして消費しようとするので

その結果体脂肪を減少させられるのです。

 

そう言うと

お腹が空いた状態で運動したら

貧血になったりしないかと

不安になる方もいらっしゃいますが

大丈夫、なりはしません!

そもそも私たちは普通にしていても

栄養過多になりがちなのですから。

そして運動といっても

何もアスリート並みの激しい運動を

するわけではありません。

(というか、できませんよね)

 

では、どんな運動をすればよいかと言えば

おすすめなのはヨガとウォーキングです。

ヨガはお腹が空いている状態でするほうが

断然気持ちよく行なえます。

からだに何もないほうが

呼吸も全身にめぐっていくようで

気持ちがいいのです。

 

またウォーキングも

空腹の状態で行なうと

からだが軽いために歩行距離が

ぐんと伸びますし

歩いているうちに不思議に空腹を

忘れてしまうものです。

これはほどよい運動により

からだがこころよさを感じたためです。

 

たやすくいつでも食べ物が手に入るという

今の私たちの生活の中で

からだに起こる空腹は

もはや「飢え」のレベルに

達するというものでもありません。

それは単に

消化が終わったというだけのこと。

 

空腹に対してもっとポジティブな

思いが持てれば

自分にとってもっともベストな

体重、体脂肪は

たやすくキープできると思います。

 

また明日。

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ