先日、ホルモン好きの友に連れられて

少々ディープな

ホルモンのお店に行ってきました。

 

いわゆるハツやミノというのは

よく見かけますが

そのお店は種類がものすごく

大腸、小腸、胃にはじまって

のど笛や気管までも!

チャレンジ精神も高まって

いくつもいただいてしまいました。

 

そもそも、肉は本体の部分よりも

こうした内臓系のもののほうが

コラーゲンもエラスチンも

ヒアルロン酸も豊富なうえ

高タンパク低カロリー。

ゲテモノ、と嫌ってしまうには

もったいない食材です。

キャベツで包むようにしていただいたら

さらに美味しく、食がすすみました。

 

実際、動物性のコラーゲンは

大豆などの植物性のものより吸収率が劣るそうですが

やはり炭火で焼きながら

ワイルドにいただいたという

気分の問題もあってか

翌日の肌は、いつもより

弾力が増していたように感じました。

内臓パワー、大したものです。

 

俗説ですが、ホルモンという名は

「放るもん」=「捨てる」ということから

ついたと言われています。

せっかく人間のために

差し出していただけた命なら

食べられるところは

全部いただかなければ申し訳ないですよね。

こうした内臓系は

なかなか食べるチャンスがないと思いますが

レバーや砂肝といった

スーパーでも気軽に買えるようなものは

もっと積極的にとりたいところ。

本体の部分よりもすぐれた、美味しい栄養源です。

また貧血でお悩みの人は

なるべく好きになっていただきたい食材です。

そして、経済的でもありますから。

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ