DSC_1254

芸能人は歯が命。

もちろん、芸能人でなくても

歯は一生の大事な

命を支えるものです。

加齢とともに黄ばんでいく歯。食べ物、飲み物の好みによっても左右されてしまいます。

さらには印象までも左右するのが

歯の白さ、美しさです。

しかし加齢するにしたがって

どうしても歯は黄ばんでいくもの。

ああ嫌です。

 

それは持って生まれたものもありますが

食べ物、飲み物によっても

着色の程度は変わってくるようです。

よく言われる、黄ばみを招くものと言えば

コーヒーやお茶、

カレーや赤ワイン、チョコレート。

ソース、ケチャップ、お醤油といった

いずれも身近で

誰にも愛されているものばかりです。

ホワイトニングはお金も時間もかかる! ならば、こんな裏ワザはいかがですか?

そこで考えるのがホワイトニングですが

お金も時間もかかってしまうので

二の足を踏まれる方も多いと思います。

 

そこでおすすめなのが

綿棒に歯磨き粉をつけて

磨く方法です。

不思議なのですが

歯ブラシで磨くよりもずっと

汚れが落ちていきます。

特に歯と歯の間などは

かなりきれいになります。

あまり頻繁に行なうと、歯への影響も

気になりますので

週1程度に抑えておくのが

安心だと思います。

口紅の色でも、歯の白さは違って見える! イチオシは「ピンクオレンジ」!!

そして、歯を白く見せるためには

口紅の色選びも重要になります。

そのポイントは、明るい色味とツヤ感。

明るさとツヤで、唇が華やかになると

歯は白く見えるのです。

 

なので、避けたいのは

マット系の、ダークなベージュや

ブラウン系です。

シックな感じがすてきではあるのですが

口もとの色味を暗くするほどに

歯は黄ばんで見えてしまいます。

 

一番のおすすめは、ピンクオレンジです。

どんな肌色の方にもなじむ色で

口もとや顔色までも冴えるので

歯の印象も明るく見えます。

同じくサーモンピンクもおすすめです。

 

真紅もおすすめですが

少しピンクやオレンジを足してあげると

いっそう口もとが鮮やかになります。

 

歯をきれいに見せたいと思う気持ちは

生涯自分の歯で食べることができる

しあわせにもつながります。

よく磨き、定期検診も受けて

大切につきあっていきたいものです。

 

また明日(^・^)

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ