うわあ、太ってしまった!

体重計に乗ったとき。

いつものスカートが、きつく感じたとき。

確実に肉厚となってしまったのがわかると同時に、

ああ、どうしようと思います。

そして、(わたしの場合は 笑)、すぐさま一生懸命言い訳を考えます。

忙しかったし、ストレスもたまっていたし。

ピンチが続いて結構悩みもあったものだし。

それに美味しいごはんのお誘いも多かったから、

このくらいは致し方ないわよねと。

そうやって一旦は自分を納得させてみるのですが、

じきにまた、自分を責めはじめてしまいます。

どうしてこんなに摂生できなかったのだろうかと。

スカートのウエスト部分が、いつもより食い込むのを感じて、

自分のダメさ加減に情けなくなります。

そんなときに限って思い出してしまうのは、

いつもほっそりとスレンダーなあの人のこと。

自分と比較して、ものすごい自己嫌悪に陥ってしまいます。

しかし、ちょっと正気に返ってみると、わかることもあります。

どうしてこう、太ってしまったのか。

それには正当な理由があるのです。

食べることに意識を向けたからこそ、乗り越えられたこと。

食べ抜いていられたから、こうして心もからだも元気でいられていること。

太ったことで、実はきちんと恩恵にもあずかれているのです。

そこにちゃんと目を向けることを忘れずにいたいものです。

この贅肉は、あの大変な時期を乗り切ったことの証明。

いや、勲章とまで言ってしまってもよいのではないでしょうか。

そう、太ったときこそ、自分を全力で全肯定する。

これが、しあわせ体質を高める、重要な要素その1です。

完全に健全であるために必要なことは、

1 自分のからだを愛すること

2 自分のからだに感謝すること

この2点だと思います。

たとえ多少足が太くたって、くびれが少なくたって。

どっこい、このからだで今、生きているのです。

今の毎日を支えてくれているのは、このからだなのです。

どんなに疲れても、がんばって働いてくれて、元気でいてくれている。

行きたいところに自分を運んでくれるし、お金も稼いでくれる。

人を愛せて、夢もかなえられる。

このからだがあるからこそ、しあわせになれるのです。

そう思ったら、現状に応じてちゃんと贅肉をたくわえてくれたからだが、

愛おしく、健気に思えてくるはずです。

このことに気づいたときから、わたしは太ることにも意味があるのだと

思うようになりました。

そしてからだはとてもよくできています。

ピンチの波が去って、悩みごとが解決したなら、次第に体重も

もとに戻って行きますし、スカートも再び、楽にはけるようになるのです。

太ったときこそ、食べることでくじけずにすんだ、強い自分をほめましょう!

そして痩せようと焦らないこと。

さらに、自分を支えてくれた贅肉に感謝したいものです。

この贅肉は、これまで自分をしっかりと守ってきてくれた「戦友」でもあるのです。

近々お別れするのですから、たくさんお礼を言っておかなければなりません。

モデルが生業の方なら話は別ですが、

痩せていること、服が最高にきれいに着こなせることが、日々の目的ではない。

このこともちゃんと、頭の隅においておくと、安心して自分のからだとつきあっていけると思います。

だって、好きでたまらないのです♪

images[3]

 

 

 

 

 

 

また明日(^_^)/

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ