アイラインを省略している方、

意外にいらっしゃるようです。

むしろラインをひかないほうが、

きれいに仕上がると言う声も耳にします。

それはやはり、ラインを太く描きすぎてしまうからでしょう。

 

確かにラインをあまり太く描くと、

二重の方なら、せっかくの二重の幅が狭くなってしまって、

かえって目が小さく見えてしまいますし、

一重の方の持つ涼し気な雰囲気も消えてしまいます。

 

アイラインの成功のポイントは、

いかに自分の持って生まれた目の雰囲気を壊さずに

印象付けられるかです。

それにはやはり、上まぶたにがっつりと

黒い線を描き込まないこと。

これに尽きます。

 

しかし、どうしても太くなってしまうという方。

もしかして、ペンシルタイプをお使いではないでしょうか。

確かに一番使いやすいイメージがあるので、

つい手が伸びてしまうのだと思います。

ところが、実は使いやすいのは、断然リキッドタイプのほうなのです。

思い切って、リキッドタイプにシフトしてみてはいかがでしょう?

 

リキッドタイプのアイライナーの場合、

液質同様に大事なのは、その筆の質です。

絶対条件は、かた過ぎずやわらか過ぎず、

適度なコシがあること。

そして何といっても、「極細」であることです。

この条件さえ揃えば、誰もが簡単に、

自然できれいなラインが引けるのです。

 

そして、目を大きく見せたいときの定番テクニックである、

まつげとまつげの間を埋めていくことも楽々できます。

これは、ペンシルタイプでは結構むずかしく、

テクニックで、どんなに気をつけて行なっても

ラインがでこぼこしたりなど、残念な仕上がりになりがちでしたが、

リキッドなら大丈夫!

このテクニックを使うか使わないかでは、全然違ってきますので、

スキップするのはもったいないのです。

 

また、リキッドなら、目ヂカラアップに欠かせない

インサイドラインも上手に引けます。

インサイドラインとは、上まつげが生えている部分から、

さらに内側に入れるアイラインのことです。

上まぶたを手で引き上げながら、そーっと筆をすべらせて

ていねいに入れていくと、印象は見違えます。

裏ワザとしては、インサイドラインだけを引く、という手もあります。

これだと、とってもナチュラルです。

男性アイドルも行なっているという、

「もとの目そのものが大きい」と思わせる上級テクです。

 

また、夏にはネイビーのアイラインも涼しげで、

とってもよいと思います!

特に一重の方は、オリエンタルなムードが強調され、

品よくクールに仕上がります。

 

ネイビーのアイライナー、ひとつおすすめするとしたら、

ラブドロップスの「インディゴブルーアイライナー」です。

ネイビーというよりは、

鮮やかな濃いブルーといった色あいなのですが

黒よりきつくならず、白目が際立ってアイシャドウも映え

ひんやり美人が誕生します!

ぜひ、トライしてみてはいかがでしょうか(^・^)。

images[3]

また明日(^・^)

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼は下記のフォームより

お寄せください。

http://yukomotoyama.com/otoiawase/

★Amazon著者ページ

http://www.amazon.co.jp/-/e/B003UWUOXI

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる

「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

http://yukomotoyama.com/ordermade-plan/

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

http://yukomotoyama.com/taimen/

 

★ウエルネス&ビューティーライター ユウコ公式サイト

http://yukomotoyama.co

 

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ