生活の質、人生の質を上げる、美容と健康の記事を書いています。あなただけのためにカスタマイズした、ビューティープラン作成サービスも好評です。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 軽やかでほがらかな暮らし

軽やかでほがらかな暮らし

断捨離のこんな効用|言葉の断捨離で、気分も人間関係もよくなっていく!

言わなかったほうがよかったなということ。結構あるものですよね。うっかり口がすべってしまった! そんなときは得てして、頭の中が散らかっているときなのです。部屋から要らないものを処分するように、頭の中にうずまく言葉も、要らないものは断捨離すると、気分も会話も、人間関係も快適なものになっていきます。

0I9A360615032159naisyo2_TP_V1[1]

アンチエイジングを内面から考える|いつも心に「学生気分」を!

アンチエイジングと聞けば、耳がダンボになってしまう方。私もそうです。いつまでもみずみずしい心とからだで生きていたいものです。ですが、外見からのアンチエイジングには限界があるようです。やはりものを言うのは、内面の環境整備。大人になった今だからこそ「学生」になってみませんか。特別どこかに通わなくても、興味本位の学びであればどこでも楽しくできるのです!

BIS151026444181_TP_V1[1]

夜明け前が一番暗い|その不調を逆手にとって楽しむ、たったひとつの方法。

不調はとっても苦しいし、焦るもの。そんなときに思い出したいのが、「夜明け前が一番暗い」という言葉です。きっと自然現象と、人間の運気には似通ったリズムがあるのでしょう。不調とは、「今はがんばってはいけない」というメッセージ。素直に受け入れることが、次のよい展開につながっていきます。

SDIM3231_TP_V1[1]

チルアウトミュージックの効用|作業時に最適! スイッチが入ったままでリラックスできる、クールな音楽!

何かの作業や書き物などをするとき無音のほうが集中できるという方と音楽があったほうがよい方とにわかれるものですね。無音ではテンションが上がらないという方。いつもどんなものを聴いていらっしゃいますか?「チルアウト・ミュージック」という音楽があります。これは脳と心の環境を絶妙に整えてくれるすてきなもの。ぜひ試聴されてみてはいかがでしょうか。

N112_headphone_TP_V1[1]

衝動買いで後悔しないために|下着や食材を買えば、衝動買いもポジティブな行動になる!

何故か時々、不意に襲われる「衝動買い」という欲。なかなか悩ましいものがありますよね。衝動買いを決行させるキラーフレーズは「自分にご褒美」。かくして理性はあっさりと消えていってしまうのです。それでも、どうしても何かが買いたいのなら、下着や上質な食材がおすすめ。これなら満足感は、長く続きます!

FCFOU_burokkori-nooilni_TP_V1[1]

「昼のセント酒」に学ぶ|非日常のお風呂で、心もからだもよみがえる!

土曜日の深夜、「昼のセント酒」というドラマを楽しみに観ています。このドラマを観ていて、ひとつの大きな気づきがありました。それは、大きな広いお風呂に入るのは人間にとって絶対に必要だということなのです!

HOTEL86_daiyokujyou220150125021047_TP_V1[1]

「時間がない」と言う前に|意識で時間を操作してみませんか?

この、時間という実体がないようであるようなもの。ほとんどの方は不足感を感じているようです。どうもこの、時間というものは、使い手の意識次第でいくらでも増えますし、減りもするような気がしてなりません。自分が時間に対して感じている量が、そのまま自分に与えられているようなのです。

N825_ohirunojikan_TP_V[1]

「すぐやる」コツのつかみ方|すぐやる快感を知れば、すぐに習慣に!

「やらなければならないこと」に追いかけられている感覚はストレスになるものです。「後回しにしてしまおう」この発想は、暮らしを停滞させる恐ろしいもの! 目の前にあらわれたものに対して、「すぐやる」習慣をつけると、日々に「保留」という荷物がなくなり、さらには自分自身の性能も上がっていきます。

N112_fightpoze_TP_V1[1]

本屋へ行こう!|本屋を歩けば、今の自分が見えてくる。

最近、書店に行かれましたか? 私はアマゾンなどの便利なサービスのおかげで、書店で本を探す機会がめっきり減ってしまいました。しかし実際に書店を歩いてみると、本が発するリアルなエネルギーに触れられますし、さらには今の自分の状態もわかったりするのです。

gatag-00007470[1]

ブログの発信力を高めるために|たったひとりの人に向けて書く、というやり方。

ブログを書くにあたって、「人の反応」をとっても気にしてしまう方。炎上を避けたり、むしろ狙ったりなど、人の反応に左右されてしまって、せっかくのブログが心から楽しめないのは残念です。そこでご提案したいのは、たったひとりの人を思い浮かべて、その人に向けて書くことです。

imagesIQW0EVJZ
« 1 7 8 9 11 »
PAGETOP