今、恋人よりも

本当の友達が欲しいと願う人が

増えているそうです。

 

うわべだけの付き合いの友達なら

たくさんいるけれど

心の底からわかり合える人が

いないことが淋しく

焦りにも似た気持ちで

親友と呼べる人との出会いを

多くの人が望んでいるそうなのです。

それはまるで、「友達欲しい病」とでも

名づけたくなるような状況です。

 

では、心からわかり合える親友とは

どういう人を言うのでしょうか。

悲しいことがあったら

夜中でも駆けつけてくれる人、といった

イメージを持っていたとしたら、大間違いです。

そんな人はドラマの中にしか

いるはずがありません。

 

うわべだけの付き合いしかなかったとしても

友達は友達です。

自分のことを知っていてくれて

共通の話題で話すことが出来る。

これだけで、素晴らしい人間関係ではないでしょうか。

もしも同じ話で笑い合えたとしたら

それは最高なことです。

同じ気持ちを、他の誰かと分かち合えるチャンスなど

そう簡単にあることではないからです。

 

人間関係が複雑になっている今

知っておきたいのは

最終的に自分を支えてくれるのは

友達ではなく自分自身だと言うことです。

外に救いを求めるよりも

自分のなかにそれを見出しましょう。

自分のベスト・フレンドは

まごうかたなき自分自身なのです。

 

ちなみに、自分の分身が出来たと

想像してみてください。

もうひとりのあなたを、心の中に誕生させるのです。

さて、そのもうひとりのあなたとは

理解し合えそうですか?

どことなくギクシャクするものを感じたら

よく話し合いましょう。

その分身は、自分なのですから

遠慮することはありません。

もしもどこか信頼が置き切れない感じがしたら

それはあなたが自分に対して

疑いの目を向けている証拠です。

分身は、死ぬまであなたのそばを

片時も離れない存在ですから

とことん本音をぶつけて、信頼関係を築いてください。

 

こうして自分自身と仲よくなれれば

たとえひとりでいても、もう淋しくはありません。

絶対的な理解者が自分の中に在るという実感は

孤独などたやすく打ち消してくれます。

そしてこの、淋しくないと思える気持ちは

安定感となってあらわれます。

この、揺らがず満ち足りた雰囲気が

醸し出されてくると

不思議に人から好かれ、友達が増えるという

思わぬ展開になることも。

淋しくてたまらない。

友達が欲しくてたまらないという

雰囲気が出てしまうと

かえって人は離れていってしまうものだからです。

 

自分と対話する楽しみを知ると

人生は退屈知らずになります。

さらには他人との距離感も

うまく測れるようになり

人間関係のストレスもやり過ごせる

心の強さも育っていくようです。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ