自分の表情について

あなたも一度は

考えたことがあると思います。

もしくは人の表情を見て

色々と感じるところも

あるのではないでしょうか。

 

たとえば、完璧と思われる

美女のふくれっ面より

ちょっと鼻は低くても

ほっぺが丸々していても

その人の笑顔のほうが

よほど見ていてハッピーになれるというように。

 

人の表情は、取りも直さず

その感情から生まれるものです。

その感情が、きれいであればあるほど

人は魅力的な表情でいられることが

出来るのですよね。

 

さて、ではその感情を

どうきれいにしていくかと言えば

これはもう

自分の本当の気持ちをごまかさない。

このことに尽きます。

いわゆる、ポジティブ・シンキングと

いうものが素晴らしいことと

言われて久しいですが

本当にそうなのでしょうか?

あなたのなかに生まれた、淋しさ、

悲しさ、不安、ジェラシーなどといった

ネガティブな感情は

そんなに悪いものなのでしょうか?

 

その感情は、まごうかたなく

必要性があるからこそ

生まれてきたものです。

これを悪いものと決めつけ

自分の本来の気持ちを

無理矢理明るいほうへ変換することが

果たしてよい結果となるかと言えば

大いに疑問が残ります。

それは、自分の中に生まれた感情なら

それがどんなに

マイナスなものであったとしても

最後まで寄り添ってあげたいから。

つらかった自分、悲しかった自分を

丸ごと受けとめて、その感情を評価することなく

尊重してあげること。

それは自分が自分にしかしてあげられない

いたわりの行為だからと思うのです。

 

ネガティブになっている自分は

なかなか素直に受け止められないもの。

ですがそんなふうに

自分のマイナスな部分と

向かい合える勇気を持てる人こそが

たくさんの人をいい気分にする

表情を見せられる人だと

思えてなりません。

どんな毒素だって、自分が自身に与える

やさしささえあれば

必ずすっきり浄化出来るのですから。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ