颯爽と、お気に入りのミュールに

生足でお出かけのとき、

バッチリ決まったスタイルに

我ながら惚れ惚れとしてみたものの

知らないうちに出来ていた

青あざや傷にびっくりしたという

経験はありませんか?

実は私もかなりのうっかりさんで

知らず知らずのうちに

どこかに脚をぶつけていたり

虫さされのかゆみを

耐えられずにかきまくって

傷をつけてしまったりすることが

よくあるのです。

 

そんなとき、家で簡単に出来る

応急処置を知っていると

比較的早く治ります。

私のようなうっかりさんは

ぜひこの裏ワザを

覚えておいていただければ

きっとお役に立てると思います!

 

まず、青あざですが

つま楊枝を20本ほど束ねたもので

あざの周辺を、気持ちよく感じる程度に

トントンたたいてみてください。

皮膚がほんのり

赤みを帯びるくらいまで

たたけばOKです。

青あざの原因は内出血。

こうしてたたいてあげると

血流がよくなるので

治りが早くなるのです。

続いて、虫さされのかき傷ですが

これにはビタミンCが効果的です。

内服するのはもちろん

直接ビタミンCの原液を塗るのも

大変おすすめです。

チューンメーカーズの

VC-3 ビタミンC誘導体」は

ビタミンCがうるおいを与えながら

肌に浸透し、ダメージをやわらげてくれます。

もちろんこちらは顔に塗ってもOKです。

(というか、そもそも顔用の商品です)

また、アロエの生葉があれば

すりおろしたものを

ガーゼにしみ込ませた

「アロエ湿布」もおすすめです。

一番よいのはかくのを我慢して

氷や保冷剤などで冷やすことですが

傷になってしまった場合は、

ぜひお試しくださいね。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ