AI_IMG_7753_TP_V1[1]メイクはお好きですか。

自分の魅力を

ぐっと底上げしてくれて

頼れる女性の味方ですよね。

(あっ、現代は

男性にとってもですが!)

自分の魅力を、もっともっとアップさせたい! そう思うなら、まずはあなたの「傾向」を把握してみましょう。

さて、そこで

メイクで自分の魅力を

存分に引き出そうとする場合

すでにもうそれぞれに

自分の中で確立されたやり方が

あることでしょう。

 

何があっても、チークだけは

欠かさない。

ファンデーションは

薄付きのものに限る。

あるいは、あえて

断固として

アイラインは引かない、などと。

 

これまでのメイク人生の中で

編み出された決まりごとは

ぜひ、ご自身の変化に合わせて

マイナーチェンジを繰り返しながら

実践していかれてください。

 

自分が自分の中で見つけた

自身がもっとも映えるやり方は

どんなメイク講師にもわからない

貴重なメソッドなのですから。

 

ですが、そこで

ひとつ押さえておいて

いただきたいことがあります。

ご自身の顔の傾向を

ざっくりでよいので

つかんでおいていただきたいのです。

 

それは、甘口か辛口か。

自分の顔は、そのどちらに属するのかを

ぜひ、押さえておいてください。

 

では、本当に簡単ではありますが

その甘口、辛口を決める

目安を挙げておきます。

 

【甘口】

丸顔、くりっとした二重まぶた

ふっくらした頬

比較的低めの鼻

童顔、美人と言うよりかわいいタイプ

目鼻などの顔のパーツが

どちらかというと離れている

 

【辛口】

面長、奥二重、切れ長の瞳

鼻すじが通っている

シャープな輪郭

かわいいと言うより美人タイプ

顔のパーツが中央に

集まっている

甘口の方は、辛口を、辛口の方は、甘口を。正反対のエッセンスをメイクで足してあげましょう!

さて、ご自身の傾向は

何となくつかめたでしょうか。

となれば、これからメイクによって

甘口の方は、辛口の、

辛口の方は、甘口の

雰囲気をプラスしていって

あげましょう。

 

まるで正反対の要素を

少しだけ足してあげると

持って生まれた自分の雰囲気は

いちだんと輝くものです。

 

少々たとえが変なのですが

おしるこに塩を少し入れると

ぐっと美味しくなるように

まるで違うものを入れると

その持ち味は大変に引き立つのです。

 

では、具体的に

例を挙げていきましょう。

甘口の方なら、シャープな雰囲気を

足してあげること。

チークはあまり丸く乗せずに

シュッと引き上げるように

線を意識して入れるなど。

 

またアイラインを

キリッとしっかり入れるのも

効果的です。

 

色味としては

ベージュやゴールド、

ブルーやグレーといった

クールなものを

少しだけ使ってみるとよいでしょう。

 

反対に辛口の方は

メイクにどこか

「ふわっ」としたニュアンスを

出してあげること。

ピンクのチークをさしてみたり

眉のラインを曲線的に

カーブさせて描いてみるなど。

そして普段は使い慣れないと思われる

ピンクやペパーミントグリーン、

オレンジなどの

かわいらしい色味も

アクセントに入れてみてください。

 

自分の持ち味とは

まるっきり真逆なものを

ごくわずかに添えてあげると

それはすばらしいスパイスになります。

もしもメイクに

行き詰まっていたとしたら

ぜひお試しください。

きっと新たな魅力に出会えるはずです!

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ