DSC_1325お掃除も行き届いていて

すっきり片付いているのに

何故かゆったりとくつろげない。

そんなお悩み、あったりしませんか?

「目への騒音」感じていませんか? 目に映るものは、とってもメンタルを左右するのです。

断捨離がすすんでいくと

どんどん心が軽やかになっていきます。

そして、さらに

「自分に必要ないもの」に対して

敏感になるので

お片付けの速度は上がる一方です。

 

そうなってくると、

次に気になりはじめるのが

部屋の中にある「色」だと思います。

ざっと部屋を見渡してみると

そこには思いのほか、

たくさんの色がひしめいています。

この、「色だらけ」な状態もまた

心を疲弊させてしまうもの。

それはまさに「目への騒音」となって

静かにメンタルを攻撃してくるのです。

テーマカラー、メインカラーを決めれば、さらにすっきり! 目にやさしい色の中で暮らしたい!

そこでご提案したいのが

自分のテーマカラー、メインカラーと

いったものを決めて

なるべく他の色は使わずに

お部屋をととのえていくことです。

 

もちろん、カラフルなほうが

ポップに気持ちも上がるという方は

好きな色を思い切り使って

楽しむのがよいと思います。

 

しかし、目に映る色が少ないほどに

心が静まるのを実感されるなら

ぜひ、色の断捨離にもトライされると

部屋の居心地は一段と上がると思います。

 

そのテーマカラー、メインカラーですが

むずかしいことは考えず

とにかく自分が好きな色、

こころよく感じる色がベストです。

見ているだけでほっとしたり

心が晴れてくるような色。

そんな色合いが、心身を楽にしてくれます。

できることからコツコツと! おすすめは布と「白」を使うことです。

そうは言っても、すでにある家具などは

すぐに買い替えるわけにもいきません。

そこで色味を絞っていくために

おすすめなのが、布をうまく使うことです。

たとえばソファの色がうるさいなら

ソファカバーをつけかえてみるなど。

また「インテリア 布 目隠し」で

ググってみますと

かなりよいアイディアが拾えるようです。

 

そして、「白」の面積を増やすことも

色と色のぶつかりあいを

やわらげる効果があります。

 

ホテルに泊まると、のびのびと

リラックスできるのは

余計なものがないことはもちろん

使われている色が

とっても少ないことにもあるのです。

 

「うるさくない色」の中で暮らしていると

思考までもシンプルになるようです。

余計なことに感情を費やすこともなく

静かな静かな心持ちでいられるのです。

これも、色の断捨離からの

うれしい恩恵でした。

 

また明日。

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ