saya0I9A4209072170656_TP_V[1]

キレる行為は

人を醜くしてしまいます。

それだけでなく

からだにとっても

大変よろしくないことなのです。

本当に憤りを感じたなら、決してキレることはありません。

激高しているとき、

呼吸は浅く、早くなります。

するとからだの

酸素が足りなくなります。

毛細血管も縮み

血液がからだの隅々まで

巡らなくなってしまいます。

ですから、寿命を縮めないためにも

キレないように

心を制御したいものなのです。

 

また、キレた後には

大抵の場合

「何故あんなことでキレたんだろう」

と後悔するものですが

まさに人間は

とるに足らないことでキレるのです。

それを証拠に

本当に憤りを覚えた場合は

キレたりはしません。

途端に冷静になり

どんな対応をするべきか

考えるものだからです。

「私は今、本当にキレたいの?」この自問が、心を救います。

そして、取るに足らないことで

怒りを爆発させてしまう理由に

自分の欲求が

満たされていないことがあります。

常に不満を抱えていると

ちょっとした腹立ちが

過剰な怒りへと

エスカレートしやすくなります。

 

ですが、キレた後に

気持ちがすっきりすることは

ご存じの通りあり得ません。

それどころか脳波が乱れるために

かえって鬱々とする

結果になってしまうのです。

 

そこで、キレそうになったときには

すぐに今ここで

心の底からキレたいのかと

自分に問いかけてみてください。

きっと本当は

キレたくないという

心の声が返ってくるはずです。

その声に従ったなら

必ず怒りは静まるものです。

 

そしてこんなときこそ

美人の意識を持ちましょう。

キレる行為が

自分にふさわしくないことは

すぐにわかるはずです。

 

また、あなたを怒らせた人にも

事情があることを

理解しようとする気持ちを持てれば

なおいいでしょう。

人をこれほど憤慨させてしまう

その人の胸のうちには

何か悲しいものがあるのかも知れません。

そうした想像力を働かせることも

心をむやみに痛めつけないための

大事な方法です。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ