IMARI20160806043107_TP_V1[1]

とてもとても素敵だと

思う人を見ているとき

どうしてこんなに

魅力を感じてしまうのだろうかと

考え込んでしまうことがあります。

人の魅力の本質は、「気」「プラーナ」にあるようです。

グッドルッキングなこと。

表情や声。

ファッションにヘアスタイル。

そして仕草や言葉づかい。

確かにどれも素晴らしい!

しかし、どうしてだか

それだけとは言い切れないのです。

 

目に見える美的なものは

たやすくハートで受けとれます。

しかし受けとった後、

さらにハートの奥深くまで

その美がぐっとしみ込んでいくには

どうも目に見えるものの

美的さだけでは足りないように思います。

 

目には見えないもの。

それはやはり、

雰囲気という言葉が一番近いでしょうか。

そうそう、「気」です。

その人が醸している、プラーナですね。

素敵! と思うものの正体は

目に見えないもの、と言えそうです。

それがあってこそ

見た目もふるまいも輝いてくると思うのです。

それゆえ、目に見えるものから

「本質感」が伝わってきて

深く深く胸を打たれるのですよね。

単なるただのイケメンでは、「どきっ」とできないのです。

つまり、イケメンと言われる人を

見ても心が動かないのは

目に見えないものが

ぼろぼろだったりするからなのでしょう。

 

さて、では

印象を左右する、目に見えないもの。

それをいつもきれいに整えるには

どうしたらよいのでしょうか。

 

私なりに思うことは

生きるために必要な原材料をきちんとすること。

自分にとっての

「本当のこと」しか選ばないこと。

これに尽きるような気がします。

自分を構成するもののすべてに

一切の妥協をしないでいられたら

きっと持って生まれた魅力が

殻を破って出てくるはずなのです。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ