ひとつお訊ねします。

あなたは、一度でも自分の美と

他人の美を比べて

落ち込んだことがあるでしょうか?

 

私は、かつては結構

そんな落ち込みを経験していました。

ですがそんなときの自分の表情と言ったら

ゆがんだコンプレックスが爆発して

もう最悪の下を行っていたものでした。

美と健康のレベルを上げていくには

何よりも自分を丸ごと認めて

心から愛おしいと思える

「美人脳」を育てることが必要なのですが

自分と他人を比べていては

美人脳は消耗するばかりなのです。

 

そもそも、他人と比べるという行為は

本当に不毛なことです。

他人がどんなにきれいであろうと

若々しく見えようと

それをあなたがうらやんだりする必要は

まったくないのです。

それは100人の女性がいれば

100通りの美しさがあり

そのどれもがオリジナリティにあふれた

たったひとつの美だからです。

 

そして覚えておいていただきたいのは

他人と比べた場合に起こる、劣等感と優越感。

これはとっても

恐ろしいものだということです。

この2つの感情は、まさに美人脳を直撃し

一気に不美人脳に

作り変えてしまうためです。

 

私たちが美容活動に励んでいるとき

脳はきれいになろうという思いを受け止めて

全身の細胞に向かって

美しくなれと指令を出します。

ところがこのときに

「でも私なんて、イケてないし」

というネガティブな思いを抱いてしまうと

せっかく美に向かおうとしていた細胞が

ピタリと動きを止めてしまいます。

そして劣等感による悲しさは

さらに全身の細胞を傷つけますから

きれいになるどころの話では

なくなるわけなのですね。

 

また、「あの人より、わたしのほうが上」

という優越感は、まったく品のない感情です。

こうした思いを頻繁に味わっていると

無邪気さとか、愛らしさといった

内面からのかわいらしさが

まったく出なくなってしまうので

こんな気持ちを味わうことが多い人は

今後本当に気をつけていただければと思います。

他人の美は、自分と比べるために

あるものではないんです。

素敵! と思って感動するか

あるいはお手本として観察するもの。

そして比べていいのは

「過去の私」オンリーです。

前よりこんなに素敵になった、といううれしさは

何よりの励みと自信になるものですから。

正しく比較検討して

あなたの魅力を際限なく

輝かせてくださいね。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ