MIYA160101530053_TP_V1[1]

基本的には

物事は最上最良の結果となるよう

全力でやるべきだと思います。

「うまく行ってほしい」モードを解除するために、「委ねて」みる!

そのうえでさらに

最上最良の結果が出たイメージまで重ねる。

ここまですればおそらくは

それなりに納得のいく結果になるものです。

傾向と対策をよく分析し(受験のようですが)

少しでもよくないと思われることは避ける。

こんな緻密なアプローチは

どんな場合でも有効だと思います。

 

しかし、この方法は反対に

自分へプレッシャーをかけ過ぎてしまう

結果になることもあるのです。

それは、まったく未知のことを行なうときです。

まるで予測がつかないようなことを

しなければならないとき

ひたすらによい結果を考え続けるのは

少々心に負担がかかるものです。

どうしても「うまくいってほしい」という

気持ちの裏側に

「うまくいかなかったらどうしよう」という

大いなる不安が生まれてしまうことを

経験された方も

きっといらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、思い切ってこの

「うまくいってほしい」というモードを

解除してみると、面白い展開になります。

とりあえず、準備万端整えたなら

それから先のことには一切思いを寄せない。

後のことは、自然の流れに全部

「委ねて」しまうのです。

その状態で過ごしてみると

少し不思議な感じがします。

さっきからずっと

不安というものに苦しめられていたのに

突然、その先の見えないことが

ミステリー的な楽しさに変わるのです。

自然の流れにサポートされている楽しさは、こたえられません!

この後いったい

どんな結果が待っているのだろう?

委ねてみた結果がどう出るのか

わくわくしてしまうのです。

 

なので、肩の力が抜けて、自分らしくいられます。

さらには、今、自然の流れにサポートされている!

そんな実感を覚えることもあります。

そんな「委ねる」ことを試してみると

これがまた、うまくいくことが多いのです。

そしてダメだったときも

さほど落ち込まずにすむのです。

多分、雑念にまどわされずに

フラットな状態で

ベストを尽くせたからでしょう。

思うに、よい結果に対して

ものすごく執着しているのがわかるときほど

「委ねて」みたほうがいいようです。

私も以前は執着体質だったので

とってもわかるのですが

「絶対、こうなってほしい!」と

必要以上に力むと、何やら変な

ゆがんだエネルギーが出てしまうのですね。

それがよくない結果を

招くように思います。

「シェフのおまかせコース」を

いただくのは楽しいものです。

何が出てくるのかわからない!

そんな不安を、わくわく感へと

もっと変えていきたいもの。

それは決して無責任なことではなくて

むしろ自分への律儀な姿勢だと思います。

また明日。

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ