自分の嫌なところ。

どなたにもあることでしょう。

そしてそれは

物事がうまく運ばないときなど、

自分を責める格好の材料に

なってしまうものですね。

ですが、果たして本当に短所とは

そんなに悪い作用を

もたらすものなのでしょうか。

実はむしろ、その人の個性をアピールする

格好の材料になるのでは

ないでしょうか。

 

それは、長所と言えば大抵の人が口にする

「2大長所」について目を向けてみると

とってもよくわかります。

それは何かと言えば

やさしい。明るい。この2点です。

どちらも素晴らしいものですが

この2つの長所が

その人の個性になっているかと言えば

それは少々、違うように感じます。

やさしいから、明るいからという理由では

好感こそ覚えても、その人自身に

関心を持つことはまず考えられません。

何故なら、魅力を感じる点というのは

やはり他の人にはない

その人が持つ特有の「らしさ」だからです。

 

そこで気づかされるのは

その人の「らしさ」から

来る魅力というものは

実は、どうしても改善ができない

短所から生まれているのでは

ないかということです。

それが改善できないからこそ

確固たる個性として

その人の持ち味になっているのです。

 

たとえば、優柔不断な人は嫌われるものですが

実は慎重で、吟味を重ねたうえに

必ず最良の決断ができる人でもあるのです。

落ち着きのない人は

フットワークの軽い、アンテナの鋭い人。

お調子者と言われる人は

楽しいことが大好きで

人をよろこばせるのも好きな人。

さらにもっとも嫌われがちな

「プレイボーイ」と呼ばれる人は

たくさんの女性のよいところを見つけて

誰にでも好意を

臆せず伝えられる天才でもあります。

そう考えてみると、短所に対して

マイナスのイメージなど

まったくなくなってしまいます。

むしろそれは、その人に与えられた

才能を構成する要素であることがわかるのです。

 

なので、

「本当に非の打ちどころのない人!」

と、感激させられてしまうような人は

きっと短所、欠点というものを

全部ポジティブに転換させているのです。

それは、たとえ短所と思えることであっても

それを頭ごなしに否定せず

その中にひそんでいるよきものに

焦点を当てて生きているからなのです。

 

短所を恥じて

それを隠すように生きるのは

まったくもったいないことです。

自己嫌悪のもとにあるのは

取りも直さず、素晴らしい自分らしさ。

そう意識をチェンジできたら

私たちはもっとのびのびと

自分を全肯定して生きていかれるはずです。

短所こそ、実は自分を輝かせ

自分らしさにあふれた

オリジナル魅力を生み出すもの。

そうわかったならもう

どう転んだとしても

自分を嫌うことなどなくなりますね。

ビバ! 短所!!

さあ胸を張ってのびのびとゴーです!!!

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ