SAYA151005388371_TP_V1[1]

薄着の季節が近づいてきました。

冬の間に、要らない脂肪を

たくわえてしまった方。

そろそろ元通りのスタイルを

とり戻したいときですね。

体内の酵素を減らさない「食べ合わせ」をすれば、太りたくても太れない!

そもそも人は

どうして太るのでしょうか。

それは、からだにとり入れた食べ物が

消化しきれずに体内に残ってしまうため。

その残留物が

体脂肪に変わるからなのです。

 

ということは、食べたものが

すべてきれいに消化され

いつもデトックスできていれば

太ることはないのです。

 

そのために欠かせないのが

皆さまにとっておなじみとなった

あの「酵素」です。

 

酵素は、この消化とデトックスに

欠かせないもの。

なので太らないためには

体内に酵素が

十分にあることが絶対条件になるのです。

 

そこで、太らないためには

消化するのが大変な食べ方を

するのをやめるのが一番の早道。

消化活動で、

酵素の無駄遣いをしてしまうと

消化とデトックスの能率が下がって

太ってしまうからです。

 

さて、その消化を大変にさせる

食べ物の組み合わせとは

以下の通りです。

 

1.炭水化物と糖分

2.炭水化物とたんぱく質

3.たんぱく質と糖分

4.複数のたんぱく質同士

5.酸と炭水化物

おもにこの5パターンが代表的なものになります。

これだけ意識すれば大丈夫! ちょっとハードルは高くても、お腹いっぱい食べられます。

それでは酵素を余計な消化活動で

浪費しないための食べ合わせについて

簡単なポイントをお伝えしていきます。

 

あれこれむずかしいことを

考えなくても

まずは以下の3点だけを

意識していただければOKです。

空腹に悩まされることもない

とっても安心な食べ方です。

 

その1 炭水化物が食べたいときは、野菜と一緒に食べる。

ごはんやパン、

パスタや蕎麦などは

肉や魚、卵やチーズなどと合わせず

野菜と一緒に食べます。

たとえばパスタであれば

ミートソースや

カルボナーラなどにせず

トマトソースやペペロンチーノを

選びます。

サンドイッチも、野菜サンド一択に。

 

その2 肉や魚が食べたいときは、

野菜と一緒に食べる。

この食べ方を実践すると

大抵の定食ものをはじめ

お寿司なども

NGになってしまいますが

ダイエット中だけは我慢です。

いわゆる、糖質制限食の

食べ方になります。

 

その3 肉料理と魚料理を同時に食べない

 

ステーキとお刺身、

ハンバーグとサーモンなどといった

食べ方は避けます。

その日のメインは、肉か魚か

どちらかに決めて食べてください。

また同様に

おむすびとサンドイッチなど

異種の炭水化物を

同時にとるのも避けたほうが

ベターです。

 

ちょっとハードルが高い

食べ方かも知れませんが

この食べ合わせを守ると

太らないのはもちろん

多少食べ過ぎても

胃腸が楽というメリットもあります。

また、少し太ったと感じたときも

この食べ方をすればすぐに調整できます。

ダイエットばかりでなく

体内にたくさんの

酵素をキープしておくことは

からだの調子を整えるためにも

とっても役立ちます。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ