重いコートを脱ぐ季節。

軽やかな服装になったとたんに

冬の間にたくわえてしまった

余計な贅肉に気づいて

焦っていらっしゃる方。

今日の記事はきっと

お役に立てると思います!

太らずにいるためには、体内の酵素を無駄遣いしないことが重要なのです。

そもそもどうして太ってしまうかと言えば

からだにとり入れた食べ物が

消化しきれずに体内に残るからです。

その残留物こそが体脂肪。

 

ということは、食べたものをすべて

きれいに消化して

いつもデトックスができていれば

太ることはないのです。

 

そのために欠かせないのが

おなじみの「酵素」というものです。

消化とデトックスは、この酵素の役目。

なので太らないためには

体内に酵素が十分にあることが

絶対条件なのです。

 

しかし、私たちの食生活は

かなり酵素の無駄遣いをしがちです。

そこで今日は、酵素を浪費しないための

食べ方についてご紹介させていただきます。

ローフード的「食べ合わせ」の方法なら、いつも体内には酵素がいっぱい! だから太らないのです。

酵素は食べ物を消化するときに

使われます。

ということは、消化が大変な食べ物を

とるほどに、酵素はなくなっていくのです。

 

その消化を大変にさせる食べ物の

組み合わせというのは

ざっくりと言いますと

 

1 炭水化物、でんぷんとたんぱく質

2 炭水化物、でんぷんと糖分

3 たんぱく質と糖分

4 複数のたんぱく質

5 酸と炭水化物、でんぷん

 

以上になります。

これはローフードの勉強をする際に

いの一番に覚えたことです。

ローフードとは

酵素をたっぷりとることで

美と健康を高める食事法です。

ローフードを実行すると

するする痩せていくのは

とにもかくにも酵素をしっかり

体内にキープできるからなのです。

ダイエット中は、これだけ気をつければ大丈夫! 空腹に悩まされることもありません。

それではせっかくとった酵素を

余計な消化活動で浪費しないための

食べ合わせについて

簡単なポイントをお伝えしていきます。

 

あれこれむずかしいことを考えず

まずは以下の3点だけを

意識していただければOKです。

 

1 炭水化物が食べたいときは、

  野菜と一緒に食べる。

ごはんやパン、パスタや蕎麦などは

肉や魚、卵やチーズと合わせず

野菜と一緒に食べます。

たとえばパスタなら

ミートソースやカルボナーラなどにせず

トマトソースやペペロンチーノで。

2 肉や魚が食べたいときは

  野菜と一緒に食べる。

この食べ方ですと、お寿司をはじめ

大抵の定食ものがNGになってしまいますが

ダイエット中だけは我慢してください。

いわゆる、糖質制限食の

食べ方になります。

3 肉料理と魚料理を同時に食べない

ステーキとお刺身、

ハンバーグとスモークサーモンなど。

肉で行くか、魚で行くか

その日のスタイルを決めて

食べてください。

 

同様に、おむすびとサンドイッチなど

異種の炭水化物を

同時にとるのも避けたほうが

ベターでしょう。

 

ちょっとハードルが高い

食べ方かも知れませんが

この食べ合わせを守ると

太らないのはもちろん

多少食べ過ぎても、胃腸が楽という

メリットもあります。

 

また、少し太ったと感じたときも

この食べ方をすれば

すぐに調整もできます。

 

体内にたくさんの酵素を

キープしておくことは

ダイエットばかりではなく

からだの調子を整えるためにも

とっても大事なこと。

この食べ合わせの方法を

ぜひ時折にでも

実践してみてください。

 

また明日。

xxx

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ