shiraga_woman1現在発売中の雑誌

「Tarzan」の企画記事

「おとな学入門 第2回 白髪」を

熟読いたしました。

小市慢太郎さんの、染めない理由。それは白髪を許容し、個性として活かしていることにありました。

白髪対策などについて

詳しく紹介されていたこの記事ですが

特筆すべきは

白髪を素敵に活かし

「見せて」いる俳優として

私の大変に敬愛する、小市慢太郎さんに

スポットを当てていたことです。

 

小市慢太郎さんと言えば

美しい銀髪が印象的な

実力派バイプレーヤーとして

たくさんの作品を

輝かせていらっしゃる方ですが

いったいどうしてその髪を

染めようとしないのか

不思議に思われている方も

多いようです。

 

その理由は、実に明快!

慢太郎さんはご自身の白髪を

あるがままにとらえていて

白髪だからこそ自分が活かせる

役柄があると

お考えになられているのです。

「染めない勇気」で、本来のあなたに眠った魅力を揺り起こしてみませんか?

このインタビューを読んだとき

我が意を得たり、と

ひざを叩いてしまいました。

私は、実はヘアカラー反対派とまでは

いかなくても

あまりカラーリングをポジティブには

考えていないタイプです。

 

それは、髪の色というものは

ダイエットやスキンケアといった

働きかけで

変えることができないものだから。

それは取りも直さず

今の自分をあるがままに

表現してくれている

唯一無二のものだと

思っているからなのです。

 

私事になりますが

若かりし頃は、茶、赤、金髪! と

それは様々なカラーにしていて

悦に入っていたものですが

何のことはない、ある日突然

生まれながらの髪の色に戻してみたら

やっぱりこれが自分の色、と

滑稽なくらい納得したことがありました。

以来20年以上、カラーどころか

パーマすらかけずに

そのままの髪の力を借りながら

100%そのままの自分で過ごしています。

 

そして、そうしてみたほうが

断然持って生まれた雰囲気が

生きるようなのです。

なので、これから白髪が増えても

カラーはせずにやっていこうと

思っております。

市販のカラーリングを繰り返すのはNG! どうしても染めたいなら、あなたの雰囲気を生かしてくれるサロンでどうぞ。

そして、声を大にして言いたいのは

染めることより大事なのは

ヘアケアで

ツヤのある髪を育てることです。

白髪も、しっとりとツヤがあれば

それはとっても美しく見えます。

小市慢太郎さんの髪も

実際この目にしたところ

大変に艶やかで、すこやかで

釘付けになってしまったほどでした。

 

とは言え、やはりカラーリングで

おしゃれをしたいという気持ちも

おありなことでしょう。

そこでお伝えしたいのは

市販のカラーリング剤で

何度も繰り返し染めるのは

避けていただきたいということです。

それはやはり頭皮や髪への負担と

あなたの雰囲気にぴったりな

色に染めることがむずかしいからです。

 

どうしても染めたいのであれば

頭皮や肌にやさしい染料を使い

あなたの肌色、目の色、眉の色を吟味し

一番ベストな色を選んで

カラーリングしてくれるサロンで

染めてもらうことをおすすめします。

白髪を増やさない食事法。それは何といっても「ローフード」に尽きます!

さて、それでは最後に

白髪を増やさないための

食事法について

ちょっと触れておきます。

わかめなどの海草類も

もちろんとっていただきたいのですが

それよりも大事になるのが

生の野菜と果物です。

生の食材から酵素をしっかりとれば

体内にたくさんの酵素がキープされ

食物の消化に大量の酵素を

使ってしまったとしても

残る酵素が健やかな髪を育てるために

せっせと働いてくれるからです。

 

余談になりますが

私は敬愛する

小市慢太郎さんについて綴る

こんなブログも行なっております。

よろしければのぞいてみてください。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ