IMARI20160806043107_TP_V1[1]

いつからか、「知りません」

と言うことに

抵抗がなくなりました。

ほとんどの情報は、別に知らなくたって、どうということもないのです。

以前は、とりあえず

通り一遍のことは

知っていなければという思いに

かられていました。

そうでなければ

不勉強と思われそうで怖かったからです。

それゆえ、日々

あらゆるソースの中で

あっぷあっぷしていた

時期もありました。

ですが、ある時から

そんな情報と自分との関係が

健全でないとわかりました。

何でも、とりあえず知っておけば安心、

という感覚に、気持ち悪さを

覚えるようになったのです。

関心のないことまで

知ろうとしてどうなるのでしょう。

そんなに物知りと

思われたいのでしょうか。

シンプルにそう自問してみたら

降りて来たのは明解過ぎる答えでした。

別に、知らなくたって

どうってことはないのです。

ポストに投げ込まれたチラシなど、見なくたっていいんです。

その答えが出たのを機に

一切自分から仕事上以外の

情報を探すことを

やめてしまいました。

すると、当然ですが

時間がたくさんできるようになりました。

これは本当に豊かなこと。

それだけでも情報と距離を

置く価値はあると知りました。

そう、余計な情報は

頭の中のゴミとも言えます。

その情報が

ストレスになることもあるからです。

むしろ、このご時世ですから

知らずにすむよう

少し気をつけるくらいで

ちょうどよいと思います。

ちなみに私は

こんなことに気をつけています。

・新聞の折り込みチラシ、

ポストに投げ込まれたチラシは見ない

(もしたまたま目に入ってしまったら、

それは有用な情報かも)

・見たいテレビ以外は見ない

(もし気が向いて見てしまったら

それは有用な番組かも)

・受信メールは

必要なものしか開封しない

(もし、うっかり開いてしまったら

それは有用な記事かも)

この程度の情報シャットアウトを

するだけでも

知らなくていい情報から

すんなりと離れられるようです。

「知らない」ことは

決して無知でも

恥ずかしいことでもないと思います。

あまり開き直ることもありませんが

それは自分の在り方を

大切にすることとも

つながるような気がします。
また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ