DSC_1286

あんなことをされてしまった。

ひどい気持ちにされられた。

こんなふうな「被害者」的な気持ちは

どうにも重たく、気を沈ませるものです。

被害者意識は癖になる! オートマティックにそう感じてしまうなら、要注意なのです。

たとえば日常の雑用的な

仕事というものがありますが

こうしたことに追われていると

「どうして私がしなければならないの」

「いつも私ばかり」

という不満に陥りがちです。

また雑用は

日々途切れることがありませんので

そのたびに頬をふくらませたり

げんなりした顔をしていては

せっかくの美人も台無し!

その美貌に美しくない表情が

刻み込まれてしまえば

美人度も急降下!

こんな恐ろしい話があるでしょうか。

もしも、ちょっとしたことにでも

「~させられている」という

被害者意識を感じてしまいがちな

自覚があったなら

その心の反応の癖を

今日から徐々にあらためていくと

この先、とってもすっきりとした

毎日が送れると思います。

「被害者意識」から抜け出すには、どこまでも「自己中」で行きましょう!

さて、そのとっても厄介な

被害者意識ですが

これを一瞬にして取り払う秘策は

「自己中」になることなのです。

とにかく自己中心的な考え方、在り方で

物事に当たるのです。

雑用ひとつを行なうときも

「やらされている」と

受け身の姿勢で向き合うのではなく

「これは『私の意志』でやっている!」と

自分の思いありきで行なうのです。

すると、どうでしょう!

あの「やらされていた感」がなくなると

単なる雑用も

自分にとっての必要事項、といったふうに進化し

行なっているときの気分も

実にすがすがしくなります。

なので、日々の中で起きる

ちょっとした「面白くないこと」も

自分がそれを選んだのだ、と考えると

不思議に大したことでもなくなってしまいます。

「つまらない話を聞かされた」

→「つまらない話だけど、あえて聞いた」

「嫌なことを押し付けられた」

→「仕方がないから、私がやって差し上げる」

こんな調子で、あくまでも

自分の意志を最優先した結果として

あらゆることと向かい合っていけば

いつのまにか被害者意識など忘却の彼方へ!

すべては私が決めたこと、という

自主的な行動を習慣にしてしまえば

暮らしの中で不満を感じることも

激減するはずです。

さらには、「自分の意志」で行なう癖がつくと

嫌なことにはノーと言える

心の強さも育ちます。

何事も、自分が選びとったこと。

自分が好きで、そうしてみたこと。

その感覚は、表情を

さわやかに、涼しげにしてくれます。

意志のある美しさの誕生です!

今日から堂々と、潔く

「自分中心主義」で行きませんか?

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ