PAK105200357_TP_V1[1]

ダイエット、ダイエット。

もはやダイエットは

国民的関心事ですね。

体重信仰主義は、過去の遺物。チェックすべきは、体脂肪率です。

食事や運動に関心を持ち

健康で元気に生きたいと

願う人が増えているのは

大変素晴らしい現象ですが

問題は、ただひとつ。

ダイエットの必要などまったくないのに

躍起になってウエイトダウンを

はかろうとする人が

依然として多いことです。

 

「あこがれの40kg台にならなくちゃ、

納得いかない!」

「美容体重より、3kgも重いんです」

 

こう言いたい人には

はっきり申し上げます。

体重信仰主義は過去の遺物です。

むしろ、気にしたいのは体脂肪率。

体重が多少あったとしても

体脂肪率が低ければ

何の問題もありません。

というより

見た目のイメージを決めているのは、

実は体脂肪率なのです。

 

ちなみに、ここに

同じ160cmの女性が二人いるとします。

Aさんは、48kg、体脂肪率は30%。

Bさんは52kg、体脂肪率は22%です。

さて、どちらがスレンダーに

見えるでしょうか。

これは、実に満場一致で

Bさんのほうなのですね。

 

からだが脂肪でできているか

筋肉でできているかで

スタイルはまるで

違って見えてくることを

ぜひ頭に置いておいて

いただきたいと思います。

深刻な摂食障害、そのほとんどは必要のないダイエットで起きています。

まずは体脂肪チェックをどうぞ。

15才以上の女性の場合

20%から25%が

正常の範囲内と言われています。

この数値内に入っていれば

とりたててダイエットを

考える必要はないでしょう。

 

大事なのは無理に体重を

落としてはダメということです。

せっかく健康的に

脂肪が燃えるシステムが

でき上がっているのに

あえて何かを制限したりして

精神のバランスが

崩れたりしたらえらいことです!

そして、拒食症をはじめとする

摂食障害は

ほとんどが必要のない

ダイエットによって起きていることも

覚えておいてくださいね。

 

さて、体脂肪が25%以上の人は

いわゆる「燃費の悪いからだ」の

持ち主ということになります。

一番よくないのは

一見スリムに見えていながら

実は体脂肪率が30%以上という人。

かくれ肥満と言われるケースですね。

こういう人は、基礎代謝が

大幅に落ちているものです。

そして、その

「見た目はスリム」をキープするために

相当無理な

「食べない食生活」を送っているはず。

これはいただけません。

いくら痩せていても

ハツラツとした笑顔と元気がなければ

魅力的には見えないものです。

 

しっかり食べて動いて

価値のある体重を増やし

意味のない体重は捨てる。

これが、これからの

大人の女性のダイエットです。

共に、精進してまいりましょうね。

 

また明日。

★ご質問、お問い合わせ、仕事のご依頼はお問合せフォームよりお寄せください。

★上梓した著作はこちらのAmazon著者ページをご覧ください

★自分にぴったりのダイエット法、美容法がわかる、「オーダーメイド・ビューティープラン」作成サービスを行なっております。

★あなたの魅力をすべて見出す、対面セッション受付中です。

投稿がお役に立ちましたら、ポチッとクリックお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ